アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ『熊と踊れ』

アンデシュルースルンドステファントゥンベリ_熊と踊れ_1 アンデシュルースルンドステファントゥンベリ_熊と踊れ_2
アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ『熊と踊れ』 (ヘレンハルメ美穂・羽根由 訳、ハヤカワ文庫、上・下)

このミス1位、週刊文春ミステリ2位、アンデシュ・ルースルンドとステファン・トゥンベリによる共作、『熊と踊れ』を読みました。

凶暴な父によって崩壊した家庭で育ったレオ、フェリックス、ヴィンセントの三人の兄弟。独立した彼らは、軍の倉庫からひそかに大量の銃器を入手する。その目的とは、史上例のない銀行強盗計画を決行することだった――。連続する容赦無い襲撃。市警のブロンクス警部は、事件解決に執念を燃やすが……。はたして勝つのは兄弟か、警察か。スウェーデンを震撼させた実際の事件をモデルにした迫真の傑作。最高熱度の北欧ミステリ。

緻密かつ大胆な犯行で警察を翻弄し、次々と銀行を襲撃していくレオたち。その暴力の扱い方は少年時代に父から学んだものだった。かつて彼らに何がおこったのか。そして今、父は何を思うのか――。過去と現在から語られる〝家族"の物語は、轟く銃声と悲しみの叫びを伴って一気に結末へと突き進む。スウェーデン最高の人気を誇り、北欧ミステリの頂点「ガラスの鍵」賞を受賞した鬼才が、圧倒的なリアリティで描く渾身の大作


無視できないパワーに溢れた作品。(自分にとって)傑作と言えるかは微妙だけど。
あと、宣伝文句から想像される「銀行強盗兄弟 vs 警察」という構図のエンタメ作品を期待すると、思いっきり肩透かしを食らうけど。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




プロローグに続いて、
どうでもいいことかもしれない。
が、これは、事実に基づいた小説である。

とあるように、とんでもない筋書のストーリーではあるけど、半分ドキュメンタリーとも言えそうなところがビックリ・ポイント。
なんせ、作者の一人であるステファン・トゥンベリは、銀行強盗を仕掛ける作中の三兄弟の実の兄弟、つまり実際は4人兄弟だったっていうんだからガチだ(ステファンは実際の犯行には加わらず)。あとがきで明かされるその事実こそが一番口あんぐりですよ。この「史実に基づいた」って部分が、作品に深く深く根を下ろしている。決して「どうでもいいこと」じゃないです。

読むのが辛いですね。
カタルシスが得られないのよね。犯罪小説の描き方として度々みられる、ゲーム的要素や「してやったり!」な爽快感はここにはなく、常に重苦しくヒリヒリとした空気が作品を覆っています。DVや家族関係の軋みを描くシーン、銀行強盗チームのメンバーがお互いに怒鳴り合うシーンばかりで、読んでてほんとイヤになってくる。犯罪計画と実行に伴う描写は細かいですが、それは本作の主眼ではなく、人間関係(兄弟や家族はもちろん、警察側のブロンクス警部の周辺も含む)を描いた小説なんですな。

あと、文章もちょっと読みにくい。訳のせいか元からそうなのかは分かりませんが、散文的というか、文章がどうもそっけないと感じる場面が多かったので。
まぁそれら「気に食わない」点があったとしても、なお読ませるだけのパワーがあるんですけどね。

ただ、レオの行動原理がよく分かりません。なぜ銀行強盗なのか、なぜそれを続けるのか、何に突き動かされているのか。冷静だった彼がなぜ傍から見ても成功しそうにない計画を最後には実行に移してしまうのか。
…ってそれは、兄弟の「絆」が綻びかけていることへの焦りのせいで、(彼としては)正常な判断が下せなくなっていたのか、はたまた「暴力」に魅了されるうちに自分を見失ったのか、という風に説明できそうな気もしますけど。まぁこれは小説なんで、何もかも説明がつかなきゃイカンわけでもないんですけど。

本作を含むいくつかの北欧ミステリを読んだだけで判断してしまうのもどうかと思いますが、もしかしたら管理人はアメリカの作家の方が肌に合うのかもしれないと感じました。分かり易いエンタメ要素が欲しいというか。そういや、映画もハリウッド物のほうが好きかもなー。
音楽に関しては断然、北欧Awesome!!ですけどね。


スポンサーサイト



COMMENT 0