KAMIJO「Nosferatu」


KAMIJO「Nosferatu」 (2018)

2018年第一弾にして、アルバム「Sang」の先行リリースとなった、Kamijo兄貴のシングル。

タイトル・トラックの①Nosferatuは、ライブでは以前からプレイされていた曲みたいで、管理人も兄貴生誕祭『Rose Fes』(レポは→コチラ)で聴いたことがありました。
メロディには兄貴印がしっかりと押されており、それだけにどこかで聴いたことある自己再生的匂いもプンプンするんですけど、バンド・サウンドとオケ、Be Choirの分厚いコーラスとのバランスが良好で、新鮮な印象に仕上げられています。Mekuによる華麗なGtソロ・プレイも鮮やかで、大きな聴きどころ。兄貴のメロディ・メイカーとしての才能もさりながら、アレンジ能力の高さも証明している素晴らしい曲ですね。やっぱすげぇ、この人。

4曲収録されているこのシングル、実は2曲目以降もノスフェラってます。ライブ・ヴァージョン×2つとインストゥルメンタルになります。
②Nosferatu -Live at Epic Rock Orchestra-は、映像無しで音だけだとちと歌唱が頼りなく感じますけど、冒頭の曲コールの声音がカッコ良過ぎてチビる。ただ一言「ノスフェラトゥ」って言ってるだけなのに。ハイライトはラストの「アリガトぉぉう↑↑」でしょうね(笑)。この裏返りっぷりこそが兄貴w
③Nosferatu -Live at MOSHIJO-はクワイヤしすぎかなー(笑)。ま、『MOSHIJO』=Be Choirとのコラボ・ライブなんで当たり前だし、しょうがないんですけど。バランスとしてはやはりくらいがちょうど良いです。バンドの演奏もどこかしょぼい。生で聴いていたらまた印象はガラッと違ってSUGEEEE!!ってなりそうですけどね。


スポンサーサイト

COMMENT 0