喜多村英梨「妄想帝国蓄音機」

喜多村英梨_妄想帝国蓄音機
喜多村英梨「妄想帝国蓄音機」 (2018)

キタエリさん、オカエリ(復活)後の4作目、シングルとしては3枚目、2018年1作目。
お、テイチクに移ってる。メジャーな声優さんなのに、音楽をやる環境についてはなんだか安定していないのが気になるところです。

①妄想帝国蓄音機
“奇天烈デスコア”ナンバーというのが売り文句みたいですが、音も歌詞も遊びすぎていて、結局「ごちゃごちゃしている」という印象のほかは何も心に残らない残念チューン。
デスコア。それほど熱心に聴いてるジャンルじゃないですが、オイラも少しはCD持ってますし、これってデスコアじゃないでしょ。パソコンで作り込んだだけの音だし。フィジカルな強靭さがまるで伝わってこないもん。デスコアうんぬんは置いといても、オイラにはまるで響いてこなかったの。
ただ、譜割りの細かいテクニカルな歌メロは、声優としての技巧が炸裂してるし、ライブでは盛り上がるのかも。

②fairy∞world
エモ系ロック・バンド、AILISの全面バックアップの下に作られた曲。音の組み合わせとしては、よりこちらの方がずっと面白いですね。作り込んだゴリゴリ・サウンドの上に、浮遊感とキラキラ感のあるピアノがさらさらと流れ、清廉な声で歌われるミステリアスなメロディが乗る。

③ViViD DESiRE
ピロピロした演奏に気品のあるVoが乗るメロディックHMナンバー。ここでのキタエリさんの歌唱が一番好みですね。結局は声をヘンに作らないで素直に伸びやかに歌ってほしいってだけなんです。
色んな声や歌い方を使い分けることができるのは武器でもあるんだけど、個性を薄ぼんやりとさせてしまう危険もあるという、諸刃の剣なのよね。


スポンサーサイト

COMMENT 0