『スター・ウォ-ズ EP8 : 最後のジェダイ』、観てきました。



チューイ!!してきました。

スター・ウォーズなんだけどスター・ウォーズじゃないなこれ。


容赦なくネタバレ、および罵詈雑言をばらまいてますので、ごチューイ!!ください。
    ↓




これはコメディ映画なのか!?
過去最高に悲壮感漂うストーリーなのに、なんだこの小馬鹿にされてるような薄っぺらさは。

監督が前作『EP7:フォースの覚醒』(感想は→コチラ)のJ・J・エイブラムスから、ライアン・ジョンソンに交代しています。知らない人だw
JJも製作総指揮として関わっているようなので、本作の気に食わない点を全て監督のせいにしちゃっていいものか分かりませんが、この怒りのぶつけどころがどうにもこうにも見つからないので、とりあえずライアン監督にぶつけさせていただく。

この人、別にスター・ウォーズが好きでもなんでもないんじゃないかな? そんな気がする。
前作はオマージュだらけの作品で、それが良さでもあったわけですけど、そこにはスター・ウォーズ・シリーズへの愛が感じられました。でも本作のオマージュには愛を感じないのよね。いや、過去の引用はここではオマージュじゃなくて、ただのパクリに堕ちてる。こうすればキミタチ喜ぶんだろ的な浅薄な狙いをビンビン感じる。
なめんなよ。

なにはともあれ、まずツッコみたいのは「空飛ぶレイア事件」な。
宇宙空間に放り出されたレイアが、フォースの力を使って(?)船内に戻ってくる?
え!? アメコミ・ヒーローですかそれ?
しかもその時の動きが冗談かよってくらいダセぇのよ。その瞬間、自分の観たものが信じられなくて、苦笑することも吹き出すこともできずに、思考が停止したよね。

フォースの力の描写も不自然に感じる箇所がちらほらありますね。SWでは念動力というか、見えない力で以って人やモノが強制的に移動させられるってパターンがよくありますけど、本作でのその動き方がなんだかバカバカしいくらい滑稽に映るのよね。いちいちギャグ。

そうなの!
この映画、ギャグみたいなシーン/台詞の乱れ打ちなの!

不必要なおふざけシーンが多すぎます。あと、「それを入れるのはいいけど、そのタイミングじゃないだろ」ってパターンも。
何故シリアスなシーンなのに、そのど真ん中にクソ寒いネタを捻じ込むの? 漫才してるの? そんな安易なギャグじゃ笑えませんから僕達。(会場には笑ってる人もいたけどw)
それが登場人物の魅力を著しく下げてるのに気づかないのかね。どいつもこいつも「いつでもどこでもふざけずにはいられない空気を読めない人」に成り下がっているじゃないか。レイが自分の出生の秘密に触れている時にギャグ言うようなキャラか? 違うだろ。BB-8の何でもありな活躍っぷりも白けるし。可愛いんだけどさ!(笑)
こんな奴じゃないだろと言えば、ルーク。ルーク(師匠)とカイロ・レン(弟子)の因縁の真相がそれはないでしょう。ファンの気持ちが踏みにじられてる気がするなぁ…。あとそのシーンで3POにウィンクは無いだろ。そりゃあマーク・ハミルも監督に文句言いたくなるよ。

作品全編を覆う一貫性の無さ。
それはキャラ造形にしても、ストーリーにしても、前作以前の物語の繋がりとしてもそうなんですけど、時間軸もなんだかおかしい。レジスタンスがファースト・オーダーに追撃されてる宇宙空間と、フォースを巡ってルークとレイが問答している島の時間の進み方、これ一緒じゃないでしょう。
おまけに現実世界にまでその時間の歪みが浸食してしまったのか、152分(SW史上最長の上映時間)も見せられたのに、ストーリーとしてはほとんど進んでないというね。


なぜだ!
なぜなんだ!?
とツッコミのシャウトをかましたい箇所がありすぎるんですわな。

ファルコン号は一体どこで何してたんだ!?
ピンチの時にはファルコンが颯爽と登場して敵を一掃する。そんなシーンを描きたかっただけでは?

レジスタンスの右往左往っぷりはなんなんだ!?
だいたい数に劣る軍隊においては、作戦の熟知や命令系統の整備、団結力の醸成等が重要でしょうに、何で今回の反乱軍は作戦内容をほんの一部の幹部だけで独り占めして、ちゃんと現場に知らせないの? だいたいにおいて、イカ飯提督ことアクバー提督をあっさり殺してしまうなんて許せん。

最高指導者スノークとは何者だったのか?ww
引き続きカイロ・レンはヒステリックに喚き散らすだけで成長してないし。彼の内面の葛藤を描いたのは良かったと思うんですけど、それにしても前作から続くこの敵の影の薄さは如何ともしがたいところです。
しかしシスでもない衛兵達に対して、レイとレンはなぜこれだけ苦戦するのか。あと、これは前作もそうだけど、ライトセーバーを使った殺陣シーンから気品が全く感じられないのが問題。大問題よ。気品や厳粛さやスポイルされているのは、ライトセーバー戦だけじゃなくて作品全体に言えることですけどね。

『スター・ウォーズ』シリ-ズの構想にあたって、ジョージ・ルーカスは神話学者のジョゼフ・キャンベルから強く影響を受けています。キャンベルの著書『千の顔を持つ英雄』で、多くの神話や英雄伝説が、①主人公が非日常世界に旅立つ → ②イニシエーションを受ける → ③元の世界に帰還する、という物語構造を為していることが指摘されていますが、『スター・ウォーズ』もしかり。
過去にも書いてますが、『スター・ウォーズ』はSFというよりは神話なんだわさ。「SF的」であることは否定しないけども。

このスター・ウォーズは「神話」でも「英雄伝説」でもない。
ルーカスが構想していた6部作のサーガとは別物と考えたとしてもね。
※ルーカス自身による「全9作構想」発言もあったようですが、後に本人により否定


「嫌な予感がするぜ」の扱いに関しても、これじゃない感が全開です。毎回必ず1度は登場する「I have a bad feeling about this」のセリフ、どこで誰が言うかを楽しみにしているファンの数はアナキンのミディ=クロリアン値よりも多いはずなんです。
観終わった後に、あれ、、、今作では登場しなかった…???と調べてみれば、なんとBB-8があの機械音?ビープ音?によって言ってたなんて!
馬鹿にしてるのか!!??


スター・ウォーズを使って、ライアン・ジョンソンが自分の作りたい映画を作ったとの印象もあるなぁ。SWシリーズの1作じゃないと考えれば(考えられないけど)、アメリカらしいそこそこ面白いエンタメ作品だったかも。


さぁめちゃくちゃになってしまったこのサーガを、J・J・エイブラムスが次作でどうまとめてくるのか。


スポンサーサイト



COMMENT 0