奥泉光『虫樹音楽集』

奥泉光_虫樹音楽集
奥泉光『虫樹音楽集』 (集英社文庫)

奥泉光の『虫樹音楽集(ちゅうじゅおんがくしゅう)』を読みました。
カフカの『変身』を巡る、9編の連作短編集。

ジャズ全盛の1970年代。サックスプレイヤー通称「イモナベ」は、『孵化』というライブを全裸で演奏して以降、精神に変調をきたしたとの噂と共にジャズシーンから姿を消した。ところが1990年、小説家になりたての私は『変態』と題されたライブチラシを見つける。イモナベの行方を尋ねた「私」が見たのは絶対にありえない戦慄の風景だった。カフカ『変身』とジャズを見事に融合させた傑作連作短編。

話としては何が何だかさっぱり分からないんだけど、この人の文章を読めるってだけである程度の満足感は得られるから。
面白いよこれ。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




変態!

こういう文章を書きたい。
書けるもんなら。
書けないけど。

まず中心人物のあだ名が「イモナベ」って時点でいいよね。グッと惹きつけられる。
直接的な表現もあれば、そこはかとなく匂わせるものもあるけど、奥泉光の文章には常にユーモアが漂っているのが好き。ニヤリとするやつ。

1編1編、語り手は誰なのか、そもそも何のことを言ってるのか、時代/場所はどこなのか、物語はどこに着地するのか、それぞれの関係性はあるのか、全く予想できません。かつ、最後に全ての伏線が回収されて…!!、、というタイプの小説でもないので、カタルシスを得にくい作風です。
でも面白いんだよなぁ。比喩表現が巧いからか?

句点が少なめの文章であっても読みやすいのは、抜群にリズムが良いおかげでしょう。巧い書き手ってのは、読んでると初めの文章が次の文章を呼び込むかのように、先へ先へと連なっていくような印象を受けるんですよね。この作者がまさにそう。
また、傑作『シューマンの指』がそうであったように、目に見えないモノである音楽(音)を文字で表現する、その雄弁さ・豊かさに感嘆させられます。昆虫に関する描写が山ほど出てくるので、虫嫌いは読んでてキツいでしょうけど。


スポンサーサイト



COMMENT 0