陰陽座「桜花忍法帖」

陰陽座_桜花忍法帖
陰陽座「桜花忍法帖」 (2018)

妖怪重金属・陰陽座「青天の三日月」(2014)以来、約4年ぶりのシングルです。
バンドの活動形態としてはアルバム&ライブを基本形として、特別なタイアップ物がシングルとしてリリースされている。そんな感じね。

ということで、本作もタイアップしとります。TVアニメ『バジリスク ~桜花忍法帖~』のOPテーマ曲、ずばりそのまんまのタイトルである①桜花忍法帖です。
『バジリスク』と陰陽座の関係といえば、名曲甲賀忍法帖が嚆矢になったわけですけど、カップリングにはその甲賀忍法帖を含め、『バジリスク』関連の3曲の実況録音版=ライブ・ヴァーションが収録されています。これ、2017年の『しきがみのつどい』の時の音源のようですね(当日のライブ・レポは→コチラ)。

アニメ主題歌/忍法帖/シングルというキーワードから自ずと曲のタイプは想像できますけど、は「疾走」とまではいかないアップテンポのメロディック・チューンです。ツインリードGtもしっかりフィーチャーしております。メインVoは全て黒猫。瞬火はコーラスをうっすら被せるくらいかな? 
甲賀~のイメージを引継ぐ(おなじみ)阿部雅宏のKeyは、和の雰囲気を醸し出すとともに、桜の花びらが舞い散る様子を映しだしたものとも言えそう。これがかなり曲のイメージを決定づけています。また、(おなじみ)土橋誠のパーカッシヴなDrプレイも印象的。
彼らならこれくらいの曲は作ってくるだろうという安心印です。ゆえに新鮮な驚きは少ない。

は悪くないけど、それよりその後に続く、ライブ・ヴァージョンの3曲が強力過ぎるから、霞んでしまうんですよね。これら、名曲・佳曲揃いの陰陽座の中でも一線級の楽曲ですからね。黒猫さぁん、至宝っす。③愛する者よ、死に候えのサビ裏のコーラスの透明感なんて、これほんとにライブかよ!?っていうクオリティだし。④蛟龍の巫女の突き抜ける絶唱にも震える。すげえ。


全4曲、バジリスク溢れまくりな一枚に。


スポンサーサイト

COMMENT 0