Octaviagrace、BabyDollSymphony、ASURA、VELATRIA@吉祥寺CRESCENDO

【 Octaviagrace presents LIVE POLYHEDRA 】 吉祥寺CRESCENDO (2017/12/24)



Octaviagrace主催ライブに行ってきましたいぶいぶ。
この日はヴォーカル実稀の生誕祭であり(誕生日は翌12/25クリスマぁス)、先日脱退を発表した(→コチラ)キーボードのReanneのラスト・ライブでもあります。

4バンドが出演。注目度の高いアクトが揃っているとあって、フロアはみっしり混んでいましたね。


VELATRIA
9月に観て以来の2回目。
あとの3バンドと比べてしまうと、自分達のステージにお客さんを引き込んで熱量を維持する手腕がまだまだ物足りないのだけれど、メンバーの若さと結成して1年ということを考え合わせると、長めのセットをしっかり構成できるのがまずビックリなのだ。なかなか簡単にはできないことだと思いますよ。各々の演奏陣にスポットがあたるインスト曲をサラリと取り込んでいた点も◎。
何より、丁寧にメロディを伝えようとしている姿勢が、歌唱と演奏に現れているのが好感です。前回同様、各楽器の音の住み分けもキッチリしてるし、ギターKabayaのトーンも絶妙。因みに、他のバンドのサポートもしているからか、ステージ上でのパフォーマンスは彼が一番こなれていますね。
Keyを上手く取り入れた楽曲の作り込みはツボを得たものなので(Gtソロ裏でBaがもっと遊んでもいいと思うけど)、今後、ライブならではのプラス・アルファがほしいところです。
<セットリスト>
1.Sad Rain
2.蝶
3.× × Love
4.Stained Star
5.IGNORANCE
6.ダリアの涙
7.Falling Angel
8.Dorothy


ASURA
ダンサー2名を擁する、男女比=1:2バンド。すんごい盛り上がりでしたね。
曲調が幅広いうえに、その曲に合った空気にガラリと切り替えるところは見事だし、紙テープをドパーンとやったり、クリスマスらしいサンタ衣装へのチェンジがあったりと、ファンを楽しませるための趣向も盛り沢山。曲を知らない管理人でも、「この曲のココではいつもこの動きでファンとの一体感を作っているんだろうなぁ」と感じるところが多々ありました。
曲のフックになる箇所とメンバーの動きが連動してて、視覚&聴覚の両面で印象に残ります。ほんと細かい部分まで魅せ方を考え抜いて、丁寧に詰めているんじゃないかしら。以前よりダンサー2名の活用法に幅が出てきたように思います。AKINA(Vo)の表現の幅広さとフロントマンっぷりも素晴らしかった。そりゃ人気も出るわけだわ。
ただ、このバンドのDrはめちゃくちゃ苦手なのよね。揺らぎが無いというか、グルーヴしないプレイをあまりオカズを入れずに爆音で延々と叩きつけてくるから。責め苦のようなバス&スネアの硬音連打に全ての意識を持っていかれる…。
<セットリスト>
1.ARCADIA ~ Days
2.RunGoRun!
3.GLORIA
4.WARNING
5.Dear...
6.MOON
7.修羅の華
8.ONE
9.One'sheart


BabyDollSymphony
いやー気持ちいいね!!
弦楽器隊=YUTO(Gt)&こくまろみるく(Ba)の安定感と推進力、トーンの絶妙さにヤラれます。初めてこのバンドのステ-ジを観た時に受けたインパクトを、瞬時にして思い出しました。音の住み分けも良好だし。

ヘドバン曲に踊らせる曲に聴かせる曲と、幅が広いうえにショウ構成が巧みです。どの曲もキャッチー/メロディックで即効性は高めですし。
リの(Vo)は多少粗さがある歌唱なんですけど、それがライブならではの熱に置き換わってプラスに働いているのでオッケーでしょ。彼女は音源よりもライブでの歌唱の方が魅力的ですね。あと、ヘドバンしながらの歌いっぷりが見事。首めっちゃガクンガクンなってるのに、歌がブレないもん。こういうところに日々の切磋琢磨の成果が出るんじゃないかしらね。

曲の繋ぎ方が抜群に上手かったASURAともまた違う、メリハリの効いたステージ進行でした。それが可能になるのも、曲間の喋りが面白すぎるからなんだけども。フロントは三者三様の面白さがあるし、リのの弦楽器隊への振り方と弄り方がサイコーっす。
また、主催であるオクタヴィアとは秋に2年連続で一緒にツアーを周るくらいの仲なので、その場にいない(階上の事務所で待機)ことをいいことに、メンバーを弄る弄る(笑)。とはいえ、彼らなりのユーモアを以って一緒にイベントを盛り上げようとする、配慮のある姿勢が好印象でした。
<セットリスト>
分からん。


Octaviagrace
いつもは下手のYouske(Ba)側で観ることが多いんですけど、この日はReanne様ぁの最後だからということで上手側へ。そしたらReanne様ぁって菩薩様ことhanako(Gt)の後ろに位置するもんだから、ギターに隠れてあまり見えねぇでやんの。
けど、菩薩様の妙技を近くで観ることができるのでなんの問題もなし。 ←

セトリはヒネリが効いていました。
Reanne様ぁの拘りが結実したalbescenceで始まって、何故か実稀生誕しか演奏されないような気がするレア曲Naked birdへと続くオープニングからしてやべー。後者なんてまさかやるとは思っていなかっただけに、「え、この曲聴いたことあるけど何の曲だっけ?」ってなりましたからね。1stフルで2番目に好きな曲なんだけども。アンコールでのSeal memoryもかなり意外なところ。
リアン曲ではalbescenceGlorious Worldがあったからか、リベリオンは演奏されませんでした。

クリスマスや実稀の生誕祭といった、(言い方はアレだが)浮ついた雰囲気はあまり無し。女性2人の衣装なんて喪服じみた黒々っぷりですから、全くもってサンタコスでパリピーみたいなノリじゃねぇし。また反対に、Reanne様ぁ脱退というタイミングでの湿っぽさもありませんでした。
印象強かったのは、畳み掛ける勢いと前進する力強さ。楽器隊による絡みや高度な技巧が特徴の(ひとつである)バンドではありますが、それだけじゃない、どんどんパワフルなバンドになってきてますね。個々のフレーズから得るカタルシスと、バンド一体となった塊感が、良いバランスになってきた。

バンドがとても良い状態にある、充実のステージでした。
しかしながら、Reanne様ぁはここでさよなら。正式メンバーとしてはね。
オクタヴィア・メンバーの中で、管理人と音楽的嗜好が一番近そうなのがReanne様ぁでしょう。まず間違いなく。それだけに、彼が作るメロディもアレンジも、ライブでのKeyが入ってくるタイミングとかも、いちいちツボにハマるんですよね。この日もそんな瞬間が多々あって、というかそういう風に感じることがいつもより多くあって、バンドが発するムードとは関係なくジ~ンとすることも…。

このバンドの男性メンバーとは、ミュージシャンとファンという関係ではありますが、以前から交流があり、Octaviagraceの始動前には、YouskeとReanneの双方から「もうすぐ(良い)お知らせができると思います」等と聞いていました。それだけにバンド結成&始動が発表された時には嬉しかったし、その期待に見合う作品を送り出してくれました。
そんな当初から思い入れのあるバンドですので、(活動休止とかではないけれど)ここで一区切りすることについては、色々思うところはあります。これからどういう体制・環境で、音源制作/ライブ活動を行ってゆくのか、分からない部分も存在しますが、まぁ正念場でしょう。
さてどうなることか。
不安でもあり楽しみでもある。
<セットリスト>
01.albescence
02.Naked bird
03.unblown bud
04.ロストモラトリアム
05.Ready for a moments
06.white graffiti
07.Emerging oath
08.Glorious World

ENCORE
09.Seal memory
10.Dramatic Quiet


どうせアンコールにケーキ・サプライズやるんだから私にケーキ選ばせろby実稀というのも彼ららしいところだが、そのサプライズにならないハッピー・バースデー・タイムのグダグダ感も彼ららしいところ。というか、Ko-ichi&hanakoらしいところと言うべきか(笑)


スポンサーサイト



COMMENT 0