雫井脩介『検察側の罪人』

雫井脩介_検察側の罪人_1 雫井脩介_検察側の罪人_2
雫井脩介『検察側の罪人』 (文春文庫、上・下)

雫井脩介の『検察側の罪人』を読みました。
木村拓哉と二宮和也の共演で映画化されるんですって。

蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。正義のあり方を根本から問う雫井ミステリー最高傑作!

23年前の時効事件の犯行は自供したが、老夫婦刺殺事件については頑として認めない松倉。検察側の判断が逮捕見送りに決しようとする寸前、新たな証拠が発見され松倉は逮捕された。しかし、どうしても松倉の犯行と確信できない沖野は、最上と袂を分かつ決意をする。慟哭のラストが胸を締めつける感動の巨篇!


展開に無理を感じつつも、それを割り切ってしまえばとても面白い。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




警察を主軸にした捜査モノは山ほど読んでますが、検察官視線で、かつ警察と協力して捜査を進めてゆく物語は新鮮でした。もしかしたら実際の状況に則していない描写があるのかもしれませんけど、それはそれ、フィクションとして興味深く読むことができました。

物語の全体像は、概ね上巻で読者の前に全て提示されます。ネタバレしますと法廷での場面はありませんので、下巻は裁判準備の期間を描くわけですけど、ここでスピードダウンしてしまうこともなく、グイグイと引き込まれたのは良かったです。
少なからず、「ンなバカな!?ww」「そんなに都合よくいくかい」と苦笑交じりになるバカミス的なところはあります。でもそういえば、「犯人よ今夜は震えて眠れ」なあの作品にもンなバカな的要素はたっぷりとあったな、等と思い出したりもしたので、まぁ許容範囲でしょ。

着地点はなかなか良かったと思います。モヤモヤした気持ちが残るんだけど、本来ハッピーエンド側であるところの人間が慟哭し、アンハッピーエンド側の人間の態度に清々しさを感じたりと、そのコントラストが秀逸。途中のトンデモ展開はあれど、幕引きは重々しいです。すっきり気持ちい~ラストがお好みの人には“否”を突きつけられそうな本作ですが、私は好きですね。
事務官の長浜や大学時代の同期といった、最上を巡る人間模様の描き方が上手く、ところどころ挿入されるちょっとしたエピソードの積み重ねが、最上の諦念や飾らない態度と相まって、ラストに効いてくるんですよね。こりゃ泣けるわ。


スポンサーサイト



COMMENT 0