似鳥鶏『迷いアルパカ拾いました』

似鳥鶏_迷いアルパカ拾いました
似鳥鶏『迷いアルパカ拾いました』 (文春文庫)

似鳥鶏による、楓ヶ丘動物園シリーズの3作目、『迷いアルパカ拾いました』を読みました。
1作目『午後からはワニ日和』の感想は → コチラ。
2作目『ダチョウは軽車両に該当します』 → コチラ。

「ちょっとここで、アルパカ拾いまして」―楓ケ丘動物園のアイドル飼育員・七森さんの友人が失踪した。行方を探る鍵はアルパカ? ハムスター? それとも…… 飼育員仲間の桃くん、ツンデレ獣医の鴇先生、アイドル飼育員の七森さんや変態・服部君らおなじみの面々が大活躍する、大人気動物園ミステリーシリーズ第3弾!

つくづく犯罪に巻き込まれる動物園である。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




主要登場人物はみんな動物園の職員である本シリーズ、ミステリといっても日常に潜む身近な謎ではなく、しっかりとした犯罪を扱っているのが特徴です。しっかりとした犯罪って何だって話ですけど。必ずしも人が死ぬタイプのストーリーではないけど、警察に事情聴取される系とでも言いましょうか。
で、そんな刑事事件と動物園という、一見無関係な両者を結びつけて一緒にしちゃう作風ですので、もうそろそろネタ切れになるかなぁ…と思っていたのも事実。ただ、本作の真相には「今回はこう来たか!?」という驚きがあって、なかなか良かったですね。愛すべきキャラ達の会話も楽しいし。

毎回ずっしりとしたテーマを扱っているし、危機一髪の場面が多いにも関わらず、良くも悪くもライトな空気が漂うシリーズです。変態・服部くんの存在ゆえか、ドタバタしたストーリー展開ゆえでしょうか。主人公&語り部である桃くんの生真面目な(普通の?)性格がブレーキを掛けているところもありますけど、もっとくだらない語り口になっても個人的にはオッケーよ。
サクサク読める良作。


スポンサーサイト



COMMENT 0