SONATA ARCTICA「WINTERHEART'S GUILD」


SONATA ARCTICA「WINTERHEART'S GUILD」 (2003)

幻想的なジャケットがソナタ史上最もかっこよく美しい、3rdアルバム。しかし本作は、1stアルバムから彼らの作品を追いかけてきた人にとっては、求めているサウンドと実際に提示されたサウンドとのギャップが顕在化し始めたアルバムだったかもしれません。バンドのブレインであるTony Kakko(Vo&Key)が、実は飽きっぽい性格なのかどうか分かりませんが、良くも悪くも「変化」を感じさせる作風です。基本路線としては前作をさらに洗練させたようなメロディック・メタル・サウンドが健在ですが、ちと大人しくなったでしょうか?所々胸を焦がすような珠玉のメロディ展開が聴けるものの、アルバム全体としてはちぐはぐ感を感じたり、(特に後半が)印象に残らなかったり……。まぁ、ちょっと薄味ですね。本作を評価する上での比較対象となるのが、名盤1st&2ndであるってのがそもそも可哀想っちゃあ可哀想なんですがね。

とは言え、悶絶モノの名曲も収録されており、それが①Abandoned, Pleased, Brainwashed, Exploited③The Cageです。前者はますます分厚くなったKeyをバックに、ここぞとばかりに重ねるコ-ラスが曲をリードする必殺疾走チューン。ギターの活躍する場なぞ与えられずに(笑)、ヴォーカル・セクションが翳りのあるメロディを以ってドラマを描き出す。とにかくメロディ・ラインが私のツボを完全に把握し尽くしたかのように絶妙で、もうブリッジ~サビの流れは堪らんのですよ。ソナタでSan Sebastianに次いで好きな曲です。後者はゲストKeyの名手Jens Johanssonの凄まじい速弾きで幕を開けるコンパクトなスピード・チューン。この曲が前作のイメージに一番近いですかね。ソナタと言えばこの曲って方も多いはず。サビメロはひねりが無さ過ぎるような気もしますが、ブリッジのメロディ「The walls around me, Eyes surround me,~」はメロディック・メタル史上に残る名フレーズでしょう。
⑥Victoria's Secretも上記2曲に劣らない流麗なメロディを持つ、印象的な佳曲です。曲タイトルで画像検索すると「イヤ~ン」な感じですね(笑)。バラード2曲はそこそこの出来。

しかしの後に②Gravenimageのような不可思議な展開の7分弱もある曲を配置するってのは如何なものか?また、⑧Brokenのような煮え切らないメロディの曲、疾走はしてても妙に薄味な⑨The Rest Of The Sun Belongs To Meのような曲の存在や、何考えてるのかサッパリ理解できない曲順が興を削ぐこと甚だしい。曲間の繋ぎ方が乱暴だったり、ブツ切りなのも「ハァ~」(溜め息)…。ソナタ、というかTonyって「メタルの美学」的なものに無頓着だったり、流れを構築するのが不得意だなぁ、という印象を持ってしまいます。ライブでの曲順も酷いしねぇ(苦笑)…

数曲は光り輝いていますが、アルバムとしてはやや微妙、私にとってはそんなアルバムです。

【お気に入り】
①Abandoned, Pleased, Brainwashed, Exploited
③The Cage
スポンサーサイト

COMMENT 0