MAHATMA「Reminiscence」


MAHATMA「Reminiscence」 (2017)

群馬のテクニカル・雑食ロック・バンド=MAHATMAが2009~2013年に発表した自主制作音源を、リマスタリングし2枚組にまとめた企画CD。

ここでまとめられた自主制作CDは、ミニアルバムが3枚にシングルが2枚の、計5作品になります。管理人は全て持っていますし、このブログでも全部紹介してきました。本作で初収録となった、未発表曲のインストゥルメンタル(disc2の6曲目に収録)のみ、初めて手に入れる音源になります。また、1stフルアルバム「Re:generation」(2014)も約半数の曲が既発曲、つまり本作に入ってる曲だったということで、以前からバンドを追いかけているファンにとっては、限りなくお得度数の低い作品になっております。

ですが、いわゆる“ベスト”盤って多かれ少なかれそういうもんですからね。おまけに元のCDが既に手に入りにくくなっていることもありますし、こうしてバンドの道程を時系列でまとめてあると、資料的な意味合いも出てきますし。あと、新曲入りのミニアルバム「WITH LOVE IN MY HEART」と2作品同時発売ということもあり、これは両方買わないとな…、と思わせるミエナイチカラが働いたことも付記しておきます(笑)
何よりここで奏でられている音は、「これぞMAHATMA」と言えるカラフルなものです。未完成な部分も多いけど、楽曲に込められたアイデアの豊富さや実験性、瑞々しい感性に着目したいところ。


From 2009 to 2010 <disc1>
01. ひとかけらの勇気
02. ガレキ都市
03. BELIEVE
04. ヒトツ
05. アナタノメイニチ
06. The Last Season
07. Progress to “2nd” Class Degree
08. Departure
09. Justice
10. Passion
11. キヲク -Precious Memories-
12. 希望の光

From 2011 to 2013 <disc2>
01. Vacant
02. Fly
03. Clap!!
04. Overture for Revival
05. REVIVAL
06. 絆
07. Voices-to the DREAM
08. DREAM
09. ヒカリとカゲリ
10. 生きとし生けるもの
11. 久遠桜


根暗な管理人はメランコリックな1stミニ「Brave Hearts」(2009)が好きですけど、MAHATMAらしさが固まってきたのは、次の「Dioramatic」(2010)からでしょうね。disc1の後半。
そして、名曲DREAMを嚆矢とするdisc2後半の充実には、Rieko(Key)を含むラインナップによるMAHATMAミュージックが、ここでひとまず完成形をみたような気がします。


スポンサーサイト



COMMENT 0