SONATA ARCTICA「ECLIPTICA」


SONATA ARCTICA「ECLIPTICA」 (1999)

メロスピ/メロパワ者がこのアルバムを評価する際に言うことは大体決まっております。

「衝撃のデビュー作」
「捨て曲なし」
「哀メロの洪水」
「圧倒的な疾走感」
「神盤」
「悶絶」


はい、そうです!そのとーりです!全面賛成、完全降伏、サレンダーっす!
私の駄ブログなんぞ見てくれる方は一人残らず愛聴してるはずですので、一曲ずつ無駄な解説を連ねる必要はまったくありません。以下は完全な私の独り言だと思ってください。独り言を言いたい気分なんです。

発表当時、その美旋律に私も衝撃を受けました。武井咲の名前が「さき」ではなく「えみ」であることが判明した際の衝撃を遥かに凌駕する超ド級の衝撃!(って言ってみたかっただけ/笑)。このアルバムがなかったならば、日本で「メロスピ」という言葉が定着したのか疑問に思うほどの重要作です。特に同人音楽市場の作品の多くが本作の影響下にあるんじゃないでしょうか(、と思っちゃうほど同人音楽ってメロスピが多い気が…)。
本作のキーワードは「疾走感」なわけですが、「疾走してりゃいいんだろっ!」的サウンドであるにも関わらず、“バカっぽさ”が希薄なのがポイント。少なくとも私は“バカバカしさ”(貶してるわけではない。念頭にあるのは勿論某バンドDですが/笑)は感じませんね。それより、悲哀のメロディと「ひたむきさ」が「若さと勢い」に乗って次々と押し寄せる快感度数の高さが全てを決定付けます。
また、(矛盾するようですが)前面に押し出されて感じる「疾走感」とは裏腹に、すべての曲が疾走曲ではなく、ミドル、バラード曲がアルバムに絶妙に起伏を設ける役割を担っています。この事により繰り返し聴いても飽きないというマジックが発動。最近は「メロスピ」にそれほどのめり込めない(飽きやすいんだ)私も、コレは何度でも聴けます。何度でも悶絶です。今回久しぶりに聴いてみてもやはり、一人ヘドバン&一人メロイックしてしまいました(笑)
彼らの最高傑作は2nd「SILENCE」なような気もしていますが、個人的お気に入り度ではやはり本作が一番、という評価になります。他のアルバムよりギターのエッジが立っているのもプラスです。

【悶絶】
全ての曲、全ての瞬間が悶絶。
心を鬼にして、強いて選ぶとすると(笑)、
①Blank File
⑥Fullmoon
⑩Destruction Preventer
スポンサーサイト



COMMENT 0