predia「禁断のマスカレード」

predia_禁断のマスカレード
predia「禁断のマスカレード」 (2017)

可愛いだけじゃ物足りなぁぁああい!!
大人の遊び場へよぉうこそぉぉぉおお!!

…な大人アイドル、2017年第1弾リリースとなる、メジャー5枚目のシングルです。

買ったのは「TYPE-A」、タイトル・トラックのMVを含むフルスペック・エディションでございます。
記事にするのは、1コ後の「ヌーベルキュイジーヌ」が先になってしまいましたが(→コチラ)。


①禁断のマスカレード
ハードテイストなロックチューン。メインVoのあかねんこと湊あかねの絶唱が冴え渡っています。イントロの琴の音や黄金の衣装は「和」のイメージを押し出してますけど、曲自体はprediaの曲にしては歌謡曲臭さが希薄ですね。EDM調だ。結果、和洋折衷みたいな感じに仕上がりました。
prediaのシングル曲の多くがそうなんですけど、MVを観た後だと曲の印象がグッと上向くんですよね。「ヌーベルキュイジーヌ」の記事でも書いたことですけど。それは曲のコンセプトのしっかりと反映させた衣装や振り付け、映像の作り込みに拘りを感じるから。
特にこの曲の“上向き度合い”は凄かった。MVがクッソかっこいいです。→コチラ。目まぐるしいカメラワークが曲調に合っているし、殺陣のようなフォーメーションもクール極まりない。そして、けっけ(沢口けいこ)のウインクとれいこっぷ(青山玲子)の「Hold on me」ウィスパーがとどめを刺す(笑)

②雪夜のバンビーナ
こちらの方が今までのprediaのイメージに近い曲でしょう。かつ、こちらの方がメロディ・ラインが和風だったりする。和楽器バンドっぽくもありますかね。これすき。サビでモー娘。みたくフゥフゥって言いたくなる。

③ギリラブ
軽妙で可愛いアイドル・ポップスで、まるでPASSPO☆のよう。くちゃLOVEばりに甘々だよ(笑)。ライブでは曲のラストに、あかねんが、メンバーの中からヒロインを一人選ぶという趣向が織り込まれている人気曲です。


スポンサーサイト



COMMENT 0