NOCTURNAL RITES「PHOENIX」


NOCTURNAL RITES「PHOENIX」 (2017)

スウェーデンの正統派パワーメタル・バンド、NOCTURNAL RITESの9thアルバム。
フェニックスと言いつつ不死鳥感皆無なジャケに驚愕ですが、まぁこのバンドはMV含めたヴィジュアル・イメージの露出に関しては期待できないのでしょうがない。

…って、そんなこと(=ジャケ)よりも、10年ぶりっすよ!
再結成とかじゃなくて、継続中のバンドなのに。それほど活発な活動をしていたとはとても思えないとはいえ。
さすがにそれだけの年月が(いつの間にか)経つとメンバーも変わりましょうってもんで、Nils Norberg(Gt)の後任にSABATONのChristoffer Rörlandが加入していた時期もありましたが、現在のFredrik Mannberg(Gt)の相方はSCAR SYMMETRYKAIPA他のPer Nilssonです。リード・ギタリストらしくない容姿のリード・ギタリスト。

Per効果でしょうか、Gtパートを中心に少々モダンにはなっていますが、前作「THE 8TH SIN」(2007)からの連続した作品として、ほとんど違和感がありません。「モダン」とは言いつつも、それも時代に合わせた音作りの順当な変化のせいという気もしますし。ミドルテンポの曲が中心、疾走曲は収録されていないという内容は、地味と切り捨てられてしまう類いのものかもしれません。決して派手じゃないです。良曲は多いけどキラー・チューンは無い、というのが正直なところだったりもします。
ただ、ノクタは変わらずノクタってたという、おかえり待望感が満たされたことによる嬉しさの方が先立つ感じ。

この良い意味での変わらなさは、ソングライティングに支えられている部分も大きいでしょうけど、やはりJonny LindqvistのVoが以前と同じ熱さを届けてくれるからでしょう。最高だわ。メロハーほど爽やかでもなく、スラッシュ系ほどガサツで漢臭くもないコーラスがええ仕事してますね。
また、歌メロのキャッチーさはそこそこでも、間奏の劇的さで聞かせるパターンが確立されているのが強いです。というか、Gtパートは今までで最強かも? お仕事的じゃないエモーショナルなピロピロがすげー気持ちいいの。


おかえりなさーい!!な力作。

①A Heart As Black As CoalのMV → コチラ。
④Repent My SinsのMV → コチラ。
⑤What's Killing MeのMV → コチラ。

色合いが異なるだけで、全部同じ雰囲気のMVなのがなかなか酷い(苦笑)。3本も作る必要あったのかw

【お気に入り】
②Before We Waste Away
①A Heart As Black As Coal
⑩Welcome To The End
⑧Nothing Can Break Me


スポンサーサイト

COMMENT 0