ちょこっと感想 2017年 vol.2

【ちょこっと感想 2017年 vol.2】

allthatremains_madness.jpg
ALL THAT REMAINS「MADNESS」

米国産、元(?)メタルコア・バンドの8thアルバム。Howard Bensonがプロデュースという気合の入りようですが、空回りしているのか、バンドに合っていないのか、そもそも曲がつまんないのか、今までで一番響いてこない作品になっちまいました。引き続きの歌メロ重視路線ではあるものの、肝心のメロディがそっけないし印象に残らないし、やろうとしてること(ビッグなコーラスのモダンHM?)に実力が追いついていないしと、何もかもが中途半端に感じられます。メロディックであろうとする姿勢はいいんだけど、前作「THE ORDER OF THINGS」(2015)のような美メロじゃないしなー。そうなってくると、演奏面での見せ場がほとんど無いことが厳しい。う~む…。



cradleoffilth_cryptoriana.jpg
CRADLE OF FILTH「CRYPTORIANA - THE SEDUCTIVENESS OF DECAY」

英国産エクストリーム・メタル・バンド、12th。前作「HAMMER OF THE WITCHES」(2015)は“速い”アルバムでしたが、今回も“速い”(笑)。そして激烈。CoFらしい、というよりDani Filth(Vo)らしさが溢れる素晴らしい作品になりました。ただ、攻撃性やドラマ性の中に織り込まれたメロディの押し引きに関しては、前作の方が秀でていたかなぁ。女性Voによる⑥Vengeful Spiritのサビのような、キャッチーなパートがもっとあればなお好みでした。…ってこのヴォーカル、元LEAVES' EYESTheatre Of TragedyのLiv Kristineじゃん!(驚)



leprous_malina.jpg
Leprous「MALINA」

ノルウェーのプログレッシヴ・メタル・バンドの5thアルバム。ジャケがとんでもなく素敵。
ところどころメタリックなパートはありますけど、さらにHR/HM度はダウン、聴いていて「そもそもこれはメタルなのか?」という疑問が浮かんできます。その点で管理人は「THE CONGREGATION」(2015)と「COAL」(2013)の方が好みです。また、今まで以上にEinar Solberg(Vo&Key)がファルセットを多用しているような気もして、アンチ裏声マン(?)としてはちょっと受け入れがたい領域に差し掛かっているかもな、と。
ただ、そのファルセット使用の効果もあって過去最高にオーガニックで温かみのある音になっており、「優しく気品のあるプログレ」「暖かい宇宙」とでも評したくなるのが本作の特徴です。聴きやすいです。Drを中心にした多彩なリズムも光ってる。傑作と呼ぶことに躊躇いはありませんね。



xandria_theaterofdimensions.jpg
XANDRIA「Theater of Dimensions」

ドイツの女性Voシンフォニック・メタル・バンドの7th。このバンド、新譜が出る度にチェックしているわけではないんですけど、買う度に音楽性やメンバーが変わってるなぁ(笑)。ターヤウィッシュなNIGHTWISH路線がさらに装飾過剰な方向に推し進められ、どちらかというとEPICAですねこれは。
EPICAでも感じることですけど、ここまでオケ&クワイヤが派手にフィーチャーされると、自分の場合どこがメインのメロディ・ラインなのか判別できなくなっちまうのよね。結果、一つ一つのメロが記憶に残らない。ですので、シンプルに美メロが映える⑧Ship Of Doomやバラード⑥Dark Night Of The Soulが好みでございます。
ここ3作で歌っていたDianne van Giersbergen(Vo)のパフォーマンスは素晴らしいものの、本作リリース後、既に脱退済み…。。。



スポンサーサイト

COMMENT 2

DD  2018, 02. 28 [Wed] 20:51

 All~に関しては、memberの急なスイッチの影響でしょう、いきなり変わって、方向性を修正するわけにもいかないだろうし。

 これは次作でどうなるかでしょうね、静観するしかないでしょう(個人的にはいいな、とは思いましたが、意見は割れるところでしょうね)。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2018, 03. 04 [Sun] 11:42

DDさん、

そういえばALL THAT REMAINS、Ba交代しましたね。それがどの程度影響しているのか分かりませんが。
彼らのメロディの源泉がどのメンバーなのか、自分の中で整理できていなかったりしますが、音楽的方向性は昔のでも今のでも良いので、引っ掛かるメロディが欲しいところです。自分の中ではラウパでのパフォーマンスに続いて2連敗って感じなので(苦笑)

Edit | Reply |