喜多村英梨「arcadia † paroniria」

喜多村英梨_arcadiaparoniria
喜多村英梨「arcadia † paroniria」 (2017)

キタエリさん、オカエリ(復活)後、早くも3作目のリリースです。
シングルです。前作「DiVE to GiG-K-AiM」と同様、1曲多い通常盤を買いました。

①arcadia † paroniria
作詞はキタエリさん本人。作曲はマチゲリータとPowerless。世の中には知らないクリエイターさんがたくさんいるもんだ。
かなり強力な曲に仕上がっております。復活後の曲では一番好きかもしれません。タイプとしては得意とするシンフォニック・メタル・チューンですけれど、ヴァイオリンが大きくフィーチャーされていることと、抑揚少なめ・滑らかさ重視の歌メロのおかげか、ゴシカルなムードが強いです。荘厳で暗め。MVの撮影場所も本人の衣装もそうですけど、曲もめっちゃ教会っぽい雰囲気ですね。こういう抑え気味のキタエリさんの歌唱はかなり好きです。Gtソロも聴きどころ。
ショートVer.のMV → コチラ。場所がMaid of Lorraineっすね。

②TiCK TACK
作詞キタエリ、作曲は前シングル収録の+×+×+ 荊棘 +×+×+を書いた永井正道。
ハンドクラップや弾むピアノ、ホーン(っぽい音)等、遊び心が満載の曲。でもヘンに浮ついた明るさはありません。サビがチャゲアスの僕はこの瞳で嘘をつくにちょっとだけ似てますね。シャッフル調だからですかね? 「本気で~」という歌詞があるからですかね? ともかくこちらもなかなか素敵な曲になっとります。
どんなに細かい譜割りの歌詞でもはっきりと聞き取れる、キレのある歌唱を聞かせてくれるのはさすが声優さんですね。吐息交じりの「LOVE♡U」がやばしやばし。

③EDEN
作詞作曲は橘亮祐と篠崎あや。世の中には知らないクリエイターさんがたくさんいるもんだ(コピペ)。
間奏にモダンなブレイク・パートがありつつも、3曲の中では最もストレートにメロスピしてる曲。やはりシンフォの味付けはありますけどね。


「DiVE to GiG-K-AiM」はあまりピンとこなかったんですけど、今作はキた! ビビビとキた! 大好きダーリン系の曲が無かったのは、ウチのブログ的には嬉しい点です。のVoはちょいクセが強めで、そこまで語尾を遊ばなくてもいいかなーとは思うけども。
因みにこのシスターっぽいイメージのコス?はイマイチ萌えないしビビビとはキませんでした。


スポンサーサイト

COMMENT 0