シェーンベルク「Another Veiled Story ~運命の系譜~」


シェーンベルク(SCHONBERG) 「Another Veiled Story ~運命の系譜~」 (2016)

国産女性Voシンフォニック・メタル・バンド、シェーンベルク(SCHONBERG)の2ndアルバム。
14曲70分のストーリー・アルバムです。昨年9月に観たライブ(レポは→コチラ)が本作の“ほぼ”再現ライブで、そこでビビビィ!!っとキた管理人が遅ればせながら購入した作品になります。

生きる意味を見失ったロザリーちゃん。
その前世であるプリマドンナ、キャスリーン。
前世の記憶を辿ったロザリーちゃんは、キャスリーンの半生を追体験し、彼女の孤独と想い、そして悲劇的な最期を知る。

物語をちょー大雑把にまとめちゃうとそんな感じなんですが、HR/HMリスナーとしてはそこにDREAM THEATER「METROPOLIS PT.2 : SCENES FROM A MEMORY」での輪廻転生/前世/生まれ変わりのテーマや、スターゆえの孤独や葛藤を描いたW.A.S.P.「THE CRIMSON IDOL」に通じるものを感じるかもしれません。というかオイラは感じたんすよ。

ブックレットの冒頭にその物語を簡潔にまとめたものが載っています。コンセプト作、特にストーリー・アルバムには、込み入った人間模様や背景、難解なテーマはマッチしないんじゃないかと思っています。聴きながら感情移入したり、詞(詩)世界の情景をイメージするには、シンプルで分かり易いストーリーの方が良いんじゃないかなーと。
その点をクリアし、効果音やオケ(生じゃないけど)やクワイヤ、歌詞カードに添えられた写真等々まで総動員して、聴き手の想像力に訴えかけることに注力した本作は、曲/歌詞/コンセプトがしっかりと噛み合った傑作になりました。

シンフォニック・メタルでもネオクラシカル・メタルでもあり、メロパワ/メロスピでもあり、プログレメタルでもあり、クラシック音楽からの影響もめっちゃ色濃く、歌謡曲や演歌でもある。で、その各々がガチに突き詰められている感じ。雑多なジャンルの要素が濃厚な世界観の中、なぜか上手いこと融合してる様が素晴らしいです。
シンフォ部分が果たす役割の大きさは勿論、ミックスとマスタリングを手掛けたSTUDIO PRISONERのHiro氏の手腕もあるでしょう、メタル部分も抜かりありません。オケの響きに引っ張られるからさほど意識はしないですけど、演奏は意外にもヘヴィで強力です。バンドの中心人物である、星野学(Gt)によるインギー調のネオクラシカルなソロ・プレイのインパクトも大きく、アルバムのあちらこちらでハイライトになっています。

小曲を含めて14曲と長尺のアルバム構成ですが、ストーリーを追いつつ作品世界に浸って聴いていると、それほどの長さには感じません。物語設定に合わせてゆったり重厚に始まるオープニングからズルズルと引きこまれるし、③ロサ・ヴェルメンティス⑬アルス・ノーヴァという2つの疾走曲の配置もいい。
キャスリーンが毒殺される⑩Celestine Aria -最期のアリア-から劇的なプログレメタル大作⑪Tragedyへ、サビでロザリーとキャスリーンが対話するを経て、穏やかな希望に包まれるバラード⑭Find My Way -星辰のキャロル-で大団円に至る。そんなクライマックスの演出が実に巧みです。聴き手の感情の起伏まで考えて作られているかのような構成に美しさを感じます。

ナル嬢(Vo)は役柄に合わせてか、幅広いスタイルと声音を使用する歌唱法です。で、常に耽美。曲によっては頻繁に声の表情を変化させるため、歌がふらついてるように感じるかもしれませんが、曲に込められた感情や情景を、曲の尺という限られた時間で最大限に表現するためのスタイルだと捉えたいところ。
また、分厚いコーラスがメインの歌メロを邪魔していないのも好みですね。

日本語を大切にした歌詞も本作の特徴で(作詞はナル嬢)、かなり拘りぬいて作ったんではないかな。ちょっと古めかしく詩情を帯びた言葉選びが、曲のムードや世界観に合っています。言葉の響きそれ自体がメロディの中でフックになっている、そう感じるところがあちこちにありますし。⑦Black Masquerade⑪Tragedyのサビなんてその最たる箇所。


もしかしたらメロパワ/メロスピのファンよりも、プログレ者にとって響くところが大きいかもしれません。メロディに即効性はありますけど、それより聴けば聴くほど各曲の結びつきに「よく作られてるなぁ…」とうならされるし、クセになる。個々のリスナーによる好みの差は当然あれど、じっくりと作品に対峙して聴くことで、それに見合った喜びを発見できる作品かと思います。

うん、シンフォという外套は着ていても、中身はプログレ(メタル)のアルバムだわこれ。

【お気に入り】
⑨Prisoner -砂の城の物語-
③ロサ・ヴェルメンティス
⑦Black Masquerade
⑪Tragedy
⑭Find My Way -星辰のキャロル-
⑬アルス・ノーヴァ


スポンサーサイト

COMMENT 0