和楽器バンド「雨のち感情論」

和楽器バンド_雨のち感情論
和楽器バンド「雨のち感情論」 (2017)

和楽器バンドのシングル。
いつもどおり、色んなエディションがありますけど、私が買ったのはCD1枚だけのもの。3曲プラスそのインストVer.を収録。
「ファースト・CDシングル」となっていますけど、この表現は今までにリリースしてきたシングルが、全て映像作品だったからですね。CD媒体では初、ということでしょう。CDという円盤が好きな管理人は、始めっからこの形態を望んでいましたわ。


①雨のち感情論
鈴華ゆう子(Vo)作詞作曲。王道曲と言ってよいでしょう。アニソンっぽい分かり易い歌メロに、このバンドの“らしさ”を演出する和楽器要素をふんだんに注入した結果、かなり強力な曲に仕上がりました。Ba、三味線、筝、Gtが暴れ回る間奏からラスサビに向けて、尻上がりにグイグイ盛り上がってゆくのが◎。ちょこっとだけ町屋(Gt&Vo)のヴォーカルが入っていて、それも効果的ですね。

②月に叫ぶ夜
最近はこのバンドの主要ソングライターとして認知されつつある、…のかどうかさっぱり分かりませんが、管理人の認識としては「結構曲書いてるなぁ…」という感じの、和太鼓の黒流作。別バンドCrow×Class~黒鴉組ではVoも担当していることもあるんでしょうか、リズムが肝になった曲だけでなく、色んなタイプの曲を書くことができるバランスの取れた人だなーと。
これはどっしり&シリアスでスケールの大きな曲。Key入りのHR/HMバンドがやったら、重厚なシンフォ・チューンに仕上がりそうなタイプですね。これも間奏から終盤に向けてグワッ↑と迫力が増します。ゆう子さぁんの絶唱すばらし。

③そこにあるかも知れない…
華振舞空の極みへのCue-Q作詞作曲。“らしい”な、と。音数・言葉数がめっぽう多い、同じタイプの曲ですもん。めちゃくちゃ忙しい“躁”チューンなんですが、しっかりと哀感を忘れていないところが良いです。これもまた抜群の歌唱力が映えるなぁ。


はかなりの良曲ですし、MVとかついてない通常盤?にのみ収録されているがとても良いので、それ目当てに購入しても良いのではないでしょうか。はアルバムには入らないと思いますし。※入ったらスマンw


トレカはいぶくろ聖志(筝)でした。


スポンサーサイト



COMMENT 0