宮部みゆき『ソロモンの偽証』

宮部みゆき_ソロモンの偽証_1 宮部みゆき_ソロモンの偽証_2 宮部みゆき_ソロモンの偽証_3 宮部みゆき_ソロモンの偽証_4 宮部みゆき_ソロモンの偽証_5 宮部みゆき_ソロモンの偽証_6
宮部みゆき『ソロモンの偽証』 (新潮文庫、1~6)

宮部みゆきの『ソロモンの偽証』を読みました。文庫本6巻構成。
1,2巻が、「第Ⅰ部:事件」
3,4巻が、「第Ⅱ部:決意」
5,6巻が、「第Ⅲ部:法廷」
カバーはお馴染みの藤田新策氏。暗く不気味な雰囲気がイカす。

クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼はなぜ死んだのか。殺人か。自殺か。謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった―。一つの死をきっかけに膨れ上がる人々の悪意。それに抗し、死の真相を求める生徒達を描く、現代ミステリーの最高峰。

もう一度、事件を調べてください。柏木君を突き落としたのは―。告発状を報じたHBSの報道番組は、厄災の箱を開いた。止まぬ疑心暗鬼。連鎖する悪意。そして、同級生がまた一人、命を落とす。拡大する事件を前に、為す術なく屈していく大人達に対し、捜査一課の刑事を父に持つ藤野涼子は、真実を知るため、ある決断を下す。それは「学校内裁判」という伝説の始まりだった。

二人の同級生の死。マスコミによる偏向報道。当事者の生徒達を差し置いて、ただ事態の収束だけを目指す大人。結局、クラスメイトはなぜ死んだのか。なにもわからないままでは、あたし達は前に進めない。だったら、自分達で真相をつかもう―。そんな藤野涼子の思いが、周囲に仲間を生み出し、中学三年有志による「学校内裁判」開廷が決まる。求めるはただ一つ、柏木卓也の死の真実。

いよいよ動き出した「学校内裁判」。検事となった藤野涼子は、大出俊次の“殺人”を立証するため、関係者への聴取に奔走する。一方、弁護を担当する他校生、神原和彦は鮮やかな手腕で証言、証拠を集め、“無罪”獲得に向けた布石を着々と打っていく。次第に明らかになる柏木卓也の素顔。繰り広げられる検事と弁護人の熱戦。そして、告発状を書いた少女が遂に…。夏。開廷の日は近い。

空想です―。弁護人・神原和彦は高らかに宣言する。大出俊次が柏木卓也を殺害した根拠は何もない、と。城東第三中学校は“問題児”というレッテルから空想を作り出し、彼をスケープゴートにしたのだ、と。対する検事・藤野涼子は事件の目撃者にして告発状の差出人、三宅樹理を証人出廷させる。あの日、クリスマスイヴの夜、屋上で何があったのか。白熱の裁判は、事件の核心に触れる。

ひとつの嘘があった。柏木卓也の死の真相を知る者が、どうしても吐かなければならなかった嘘。最後の証人、その偽証が明らかになるとき、裁判の風景は根底から覆される―。藤野涼子が辿りついた真実。三宅樹理の叫び。法廷が告げる真犯人。作家生活25年の集大成にして、現代ミステリーの最高峰、堂々の完結。20年後の“偽証”事件を描く、書き下ろし中編「負の方程式」を収録。


うぉー!
うぉぉおおーー!!
宮部みゆきSUGEEEEEEE!!!



以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




なんというリーダビリティか。
大雑把に言うと、事件発生から藤野涼子が学校内裁判という考えに至るまでが「第Ⅰ部:事件」、裁判の準備をするのが「第Ⅱ部:決意」、その裁判の様子が「第Ⅲ部:法廷」という流れになっています。
第Ⅰ部は舞台の状況説明的なパートであり、それはそれで作者の筆力に唸らされるんですけど、3巻から色合いを変えて俄然面白くなってきます。それまでは事件の舞台である学校を外側から見るという、社会派ミステリっぽい色が濃厚だったのに対して、生徒たちを中心に話が動き始める第Ⅱ部からは、青春ミステリ的趣きが(も)出てくるから。新たな登場人物が登場し、それがユニークなキャラ揃いだというのも効いています。ヤンキー勝木に、ターミネーター山崎に、フォロ-の吾郎…。生徒に協力する大人たちの模様も面白いですね。特に探偵事務所の所長さん・河野が良キャラ。
裁判の為の“準備”=助走みたいなパートであるにも関わらず、ここでスピードを上げつつグイグイ読ませる手腕は見事です。

宮部みゆきは群像劇を書かせたら最高に巧いというのが、『模倣犯』を読んだ時の管理人の認識の一つでしたが、やっぱり抜群に巧い。うますぎる。
物語を語る視点は一つではなく、次々に入れ替わります。誰の視線が信用できるのか、佐々木礼子少年課刑事か、自己分析に秀でた藤田涼子か、冷静な弁護人補佐・野田健一か…、読者は考えながら読み進むことになります。この複数視点からアプローチする語り口が作者の丁寧な描写と結びついた時、威力を発揮します。読者はストーリーに、登場人物の人となりに、グッとのめり込むことになる。物語の進行に従って、はじめに「この人はこういう人だ」と考えていたのとはまた違った面が見えてきて面白いし、作品にグッと深みが増す。

読み手の年齢や性別、考え方等によって、色んな読み方ができるというのは強みでしょうね。誰に感情移入するかというのはもちろんだし、『ソロモンの偽証』というタイトルの意味もまたしかり。ソロモンって誰(何)のこと? ここでいう偽証ってどれのことだ?…っていうね。読破後に色々ググってたら、「ソロモン=神原和彦が偽証してる」って読み方もできるという意見がありましたが、6巻の最後に収録された書き下ろしの中編『負の方程式』のラストを読んだら、どうも違うなとは感じました。

色んな読み方ができるってことは、中学生にしては過度に大人びているとか、設定に現実感が無いとか、結末が予想できたちゃうよとか、ツッコミどころも生まれてきて、実際に私も首肯する点もあります。でもそういう些末なところよりも、面白さの方がずっと勝るのよね。登場人物が愛おしい。
クライマックスはおろか途中のどの箇所でも、作者は読者を泣かせようとしてないと感じるんですが、これが泣いちまうんだわ。5&6巻のあちこちで。それぞれが検事/弁護士/判事/陪審員/傍聴人という役割を果たす、裁判という形式に則ったやりとり。そこから逸脱し、生の感情がこぼれ出る瞬間がところどころにあって、心揺さぶられる。ほんと何気ないワン・シーンだったりするんだけど。登場人物が他人のように思えなくなるからですかね。

やはり宮部みゆきすげぇ、という感想に落ち着く傑作でした。


スポンサーサイト

COMMENT 0