CROSS VEIN、Vorchaos、矢島舞依、Jupiter@新宿club SCIENCE劇場

CROSS VEIN Presents 『 Theater of Romance ~第6章~ 』 新宿club SCIENCE劇場 (2017/8/10)

crossvein_theaterofromance6_20170810.jpg

CROSS VEINの主催ライブに行ってきましたじゅり。
CVのほか、JupiterVorchaos矢島舞依という豪華、かつ音楽性の重なり方/バラけ方もちょうどいい感じの4マン。管理人としては初見が2組。

club SCIENCEはRONDONRATS。のライブで一度行ったことありますけど、広さといい構造といい音の馬鹿デカさといい、あんまり良い印象のないハコだというのが気がかりポイントでございます。


Jupiter
意外にも木星トップ出演。トリ前かと思ってました。
こんな小さいハコでHIZAKI(Gt)とTERU(Gt)の薔薇の末裔組を観ることができるってのは、なかなかいいね。衣装もコチラの方が装飾が少なくて(比較的)すっきりしてるのが◎。

Rose Fes出演時とほとんど変わらないセトリは少々残念でしたが、パフォーマンスはとても良かった。攻め。めっちゃ、攻め。2ヶ月連続してステージを体験したことで、今のバンドのまとまりの良さ・押しの強さを再認識しました。ZIN(Vo)の踏ん張りもおかげもあり、エクストリーム・メタル寄りの楽曲は見事に映えています。同時に、現行Jupiterが例えば氷の中の少女みたいな、かつてのHIZAKI王道曲を演奏したらどうなるのか、興味深いところですね。

さて、黒シャツ黒ジャケで出てきたZIN、(1曲目の)ARCADIAを歌い切った後にハットを被る。脱帽するんじゃなくて、着帽する。早速HIZAKIから「途中から被る人、初めて観たよね」なんて言われてましたけど、「いや、ARCADIAでアタマ振りたいから」って答えてて場がすげぇ和みましたね。なんだこの人可愛いな(笑)
で、ひそかに驚いたのが、ハットを被っての2曲目WE AGAINSTの後、次の曲に入る時にはそこにさらにサングラスをプラスしていたこと。これには吹きそうになりました。普通と逆やんけ。ショウの進行に従って衣装やアクセ類を減らしていくのではなく、増やす方向性。右肩上がり。設備投資。
「もしや装備固めていく系かよ!? 次はコート着るのか!?」等と思ってたら、違いました(当たり前だ)。最後のSymmetry Breakingでは結んでいた髪をほどいて、修羅のようになっていました(笑)
ってなんだこの記事、ZINのファッション・チェックか。

「オマエラ、1バンド目から飛ばし過ぎだ!最高だ!」って言ってましたけど、バンド側も素晴らしい熱演でしたね。
<セットリスト>
1.ARCADIA
2.WE AGAINST
3.Guilty as Sin
4.TEARS OF THE SUN
5.Symmetry Breaking


矢島舞依
色々と評判は耳にしていた彼女。先日解散した某アイドル・グル-プのリーダーに名前が似ている人出てきたな、と思ったら、かなり濃ゆいバンドと対バンして、急速にファンベースを拡大していました。
曲を書いてるのが三宅英明と新本和正という人。三宅氏に関しては、アイドル・ユニット=Party Rockets GTを観た後に「お、曲いいね」と思って調べたら、こちらでも曲を書いていることを知ったわけです。三宅氏の書くパティロケの曲に魅かれてCDを買った身としては、矢島舞依も引っ掛かってきてもよいはず、ということでの初見でございます。

速い。
とにかく疾走するメロスピです。そういうタイプじゃない曲ももしかしたらあるのかもしれないですけど、この日のセトリは走りまくる曲が多かったですね。で、結果としては、生でステージを観てもいまいちハマりませんでした。
実は自分、メロスパーじゃないんですな。いわゆるメロスピ・タイプの曲は好きですけど、多分ですね、「典型的メロスピ・バンドではないバンドがやるメロスピ曲」が好きなんですよ。ずっと疾ってると飽きるんだと思われます(自己分析)。「ずっと疾ってる」といえばDRAGONFORCEですけど、ドラフォはあれでかなり緩急つけていますし、速さの中にも感触を上手く変えてフックを盛り込んでいるから、私としては(あんまり)飽きないバンドなんですよね。

そういった点で、演奏に勢いはあるけど、一本調子で面白みを感じられませんでした。展開がありきたりで予想できちゃう。あと、期待していたより、演奏が粗い。
とにかくDrはドコドコ、弦楽器は刻み倒すという音像は、メロスピ的ではあるんですけど、同時に演奏の早回しにも聞こえてきます。HR/HMのフィールドで勝負しようとしてる音なのに、曲を形にする過程で、HR/HMの流儀に則った演奏に落とし込めていない気がしますね。リフが弱いというか、リフというものが存在しないというか。それが多分、一本調子という感想の正体。
まぁ粗めで勢いがあって、しかもノリやすい演奏っていうのは、ライブという生の場では熱を生み、プラスに働くことが多いです。事実、フロアは前方の熱心なファンを中心にすっげー盛り上がっていました。分かり易さは正義だ。

演奏には難をつけましたが、やはりと言うべきでしょうか、歌メロは良いです。すげぇいい。特に2曲目にやった造り笑顔と嘘偽りのカモフラージュの、起伏のある歌い上げ系のサビメロは完全に好みですわ。この曲は三宅氏じゃなくて新本氏の曲なんですけども。サビの強力な曲が多かったです。ここらへんの感触も、HR/HMというよりは、なるほどアイドル・ポップス(ロック)を書いている人の曲やアニソンに通じるなーとも。
歌メロは魅かれるものの、矢島本人のVoに合っていないと感じるところが多々ありました。聴いていてどこか気持ち良くないんですよね。なんだろ、高音域へ移行する時のふらつき具合に居心地の悪さを感じるのかな。また、パティロケのようなアイドル・ユニットだと混声Voのためにあまり感じることのないVoの弱さを、ソロVoだとダイレクトに感じてしまうってのはありますね。矢島さん、結構アイドル歌唱だと思いますよ。「アイドル歌唱」って括り方もどうかと思いますけど。幼くはないけど、どこか“甘さ”が覗く歌声。
声自体の可愛さとそこに滲む生真面目さ、それを活かしたメロディ・ラインや世界観を追求した方がハマると思いますけどね。今の路線の肝は、声と音楽性、アーティスト・イメージから生まれるギャップを以って楽しませるところかもしれないですけど。

音楽的に引っ掛かってくるかどうかは置いといて、彼女のまっすぐで真摯なパフォーマンスには感じ入るものがありました。とても真面目な人なんだろうなー、というのがステージから溢れ出てる。闇の勢力がどうたらこうたらというコンセプトに則った喋りとステージングをこなしつつも、そういう素の部分やキュートさが時折チラリ。媚びてないけど、突っ張ってもいない。そんなバランスが好印象でした。
上げて落として→上げて落としてみたいな記事で、ファンの方には申し訳ないなとも思うんですけど、ここは正直に書かせてもらいました。
<セットリスト>
1.Masqerade
2.造り笑顔と嘘偽りのカモフラージュ
3.覚醒JINX
4.SHOUT
5.必要悪サバト
6.BLOOD RESOLUTION


Vorchaos
彼らのCDを初めて聴いた時に感じたのは、「メタルlynch.
メタルコア/ラウドロックをベースにした音楽の上で、ヴォーカルがクリーン&グロゥルを操るところが、大雑把ではあるけど共通点。lynch.をヴィジュアル系耽美さへの方向にもっていかずに、Gtワークの美味しさを大幅増強、HR/HMの様式を濃くしてガッツィーに仕上げたような印象でしょうか。 (そういやCDの感想記事書いてなかったな…)

初めてステージを観ましたけど、圧巻でしたね。折り目正しいギター・プレイというか、これまでの2バンドとはGtが生み出す整合感が段違いです。リフの輪郭がはっきりと分かる、リフらしいリフ。これが気持ちいいのなんの。メタルコアらしいメタルコアの演奏を久しぶりに聴いてるぞ俺!ってなりました。おまけにツインGtのコンビネーションや間奏の構築美には、欧州型HMのヒロイックな感性やメロディック・ロックの清涼感が持ち込まれており、無骨さ一辺倒ではない華やかさもある。あぁ…なんてカッコイイんだろう。
そうそう、整合感があるのはGtだけじゃなくてリズム隊もですね。ギュッと締まった、素晴らしいまとまりです。

そして淳(Vo)のパフォーマンス。冒頭のロングトーン・シャウトからビビらせてくれましたが、豊かな声量と長身体躯から繰り出す大きな動き、それと前のめりな兄貴イズム・アティテュードを以って、バンドをグイグイ牽引しフロアに一体感を生み出す。素晴らしいフロントマンです。
正直言うと、清濁の切り替えの鮮烈さは、予想していたほどではありませんでした。というかゴメン、(lynch.の)葉月(Vo)とはタイプが違うんですわ。「清&濁」という感触もちょっと異なっていて、シャウト・スタイルのヴォーカルの中で、キビキビと吐き捨てる歌唱と広がりのある歌い上げ歌唱を使い分ける印象でしょうか。で、歌い上げるところでは、妖艶さよりも親しみやすさが強い。
また、Gt2人がコーラスも担当しており、これがかなり効果的でしたね。CD音源そのまま再現ってことではありませんが、こうして人力で同種のイメージを創り出そうとする姿勢は好きです。

矢島舞依のステージでも感じたことですけどね、Vorchaosもまためちゃくちゃ真摯なパフォーマンスですよ。ストレートに想いをぶつけてくるその潔さと気持ちよさ。そして、「ストレート」とか「ぶつける」といった言葉のイメージとは裏腹かもしれない、キメ細かな叙情。素晴らしいバンドですね。また観なきゃ。
最強にカッチョ良かったのが、ラストの締めの
We are…、
ヴォル!(リズムドン!)
ケイ!(ドン!)
オス!(ドン!)

ね。最高。
<セットリスト>
1.Chaos core
2.LET IT DIE~おまえに届くまで~
3.Singularity
4.Vortex
5.名も無き花


CROSS VEIN
こりゃあ本日のイベントはVorchaosに持っていかれたかな?…という自分の中の感想でしたが、さすがCROSS VEIN!おれたちにできない事を平然とやってn…(ry
今まで観た彼らのライブで一番良かったんじゃないかな。←サラリと言ってますけど、ウチのブログをある程度の期間読んでくれている人は御存じのとおり、CROSS VEINのステージはそこそこの本数観てますからね。そんな中での評価だと思っていただきたいところです。

ま、こういった主観評価ってのは、往々にして個々人の思い入れと結びつくものです。
開幕と共にメンバー全員が定位置につき、1stアルバム冒頭の流れ、Birth of RomanceNoble Scarでのスタートにはドキリとしました。
瞬間、涙した。
色々と思い出してきて。
友人・知り合いが1人も来てない吉祥寺CRESCENDOの対バン・イベントで、ある種の義務感も感じつつ盛り上げようと(この俺が!w)してた頃とか、メンバーと初めて会話を交わした時のこととか。
このこみ上げてきたものは、ただ単に懐かしい曲をやってくれたな万歳\(^o^)/ ってことではなくて、いくつかのメンバー・チェンジや紆余曲折も経て、強靭なバンドへと成長している“今”があるからこその感情ですよね。言い換えると、「姫様…こんなに御立派になられて、爺はもう感無量でございます」的執事マインドが全開になったゆえのものです。

出音がクリアですね。今のバンドの良い状態がストレートに現れているようです。2本のGtのハモりも綺麗。
懐かしのキラー・チューンNoble Scarに続いたのが、必殺の坂道発進 Eternal Dreamだから、これは殺(や)りにきてるな、と。もはや灰かぶり姫どころか、アサシンです(意味不明)。エタドリは序曲からの流れというイメージが強いですけど、シームレスに繋いだこの日のアレンジでもイケます。間髪入れずリフが鳴らされた瞬間、鳥肌立ちましたもん。

JULIA姫の声が強いです。
声の張りの強さや抜けの良さもそうだし、込められた気合や意志の強さまでをも感じ取れるヴォーカル。
彼女の声って、一聴しただけだと線が細く聞こえるかもしれないし、それが耽美さを生み出している場面も多々あるんですけど、こと「ライブで楽器隊に埋もれない」という一点については最強クラスですわ。Yoshi(Gt)やMASUMI(Gt)がそういう曲作りをして、演奏陣全員がVoとぶつからないような音作りをしているというのもあるんでしょうけど、それにしてもこの抜けの良さは凄い。
決して「演奏と真っ向勝負をして負けない」というタイプではありません。パワー型の人じゃないから。でも、特段チカラを込めなくても抜けてくるのよね。時に演奏をするりと縫うように、時にまっすぐスコーンと、気持ちいいくらい。不思議な魅力です。はぁ…すき。

姫様Voの強靭さに加えて、バンドの突進力や、アンサンブルを自らのモノにしている余裕の発露を、この日はとりわけ強く感じたんですよね。あと、狭めのステージにも関わらず、弦楽器隊が立ち位置を入れ替わってアグレッシヴな印象が強かったこと、メンバー間の絡みが多く楽しそうだったこと。KeiTaro(Key)がエタドリのヴァースでKey台から離れてステージ前方に来て、オイオイ手拍子煽りしてたのは良かったですね。2番ではJULIAたぁんもそれに気づいて笑いながら歌ったり。

楽しく、激しく。
うん、これでいいと思う(←謎の上から目線)。何回か言及していることですけども、ライブでは必要以上に耽美さや美しさは出さなくていいのかな、と。特に対バン・イベントでは。そういったものは曲に元々備わっていて、どうしても出てくるものだから、メンバーのパフォーマンスは楽しく盛り上げるベクトルに向かったほうがいいと思うんですよね。それはこの日のフロアの熱気が証明していたような気がします。

音源は音源。
ライブはライブ。
まともに演奏もできないようなバンドがこういうことを言っちゃうとチャンチャラおかしいわけですけども、技巧や表現力に秀でたバンドが、プラスアルファとして生の現場こその“遊び”を取り入れると、ステージから放たれる空気が生き生きとしてくる。そこに生まれるマジック。
MASUMIなんてCD音源とは異なるソロを弾いてたりしますしね。それがいい。特にこの日のフレージングの“逸脱”は、とても気持ちが入っていたと感じたし、彼らしい奔放さが出ていて、すげぇ良かったです。こんなこと言えるのも、押さえるべきところはきちんと押さえたプレイを普段からやっているからですよね。
丁寧なYoshi、枠からはみ出すMASUMI。やはり素晴らしいギター・チームだし、大好きですね。ステージではJULIA姫に次いで耳目を浚うShoyo(Ba)、CVを生まれ変わらせた若き功労者ShinKi(Dr)の貢献は言わずもがな。

疾走曲を中心にしつつも、それぞれ明度や湿度が異なる曲を織り交ぜ、ベクトルの違うforget-me-notで起伏をつけつつセットをまとめる手腕はさすがです。つよい。
新旧網羅したこの日のセトリは、ライブ後に友人達から聞いた感想でも高評価でしたし、正に最強。みんな大好き赤い星よりも、私はPrecious Libertysandglass(全てMASUMI曲)の方が好きだし、ShinKi王子のDrで難曲sandglassを聴いてみたい……って全く同じことを前にも書いてましたね(笑)。

アンコールは、各出演バンドのヴォーカリストを迎えてのMaid of Lorraineでした。
むをおおおおお!ZINがポニテでむをおおおおお!
…とはならない。別に萌えない。
矢島さぁん、姫とほぼ交互にデュエットするような状態で頑張ってましたね。男性陣2人は、オイオイ盛り上げ&サビ重ね担当。
というかね、そんな役割分担はともかく、ステージ上のわちゃわちゃした感じが、出演者みんなが楽しそうな様子が、それでも演奏はきちんと締まっている様子が、最高ですね。みんな全力なのがサイコーね。キミタチサイコダヨ。
間奏ではZINとMASUMIがなぜかハグ! ※ギター弾けない
そこへなぜか淳も加わりガッツリハグ! ※ギター弾けない
そしてZINがMASUMIのほっぺにチュー(笑) ※ギター弾くどころじゃない
その間、黙々とソロを弾くYoshiがエラい!ww


いやぁ、めちゃくちゃ楽しかったです。
あと何度も書きますけども、とりあえずJULIAたぁんがニコニコしてりゃあオイラ幸せ(笑)
姫、終始ニコニコ。
俺、終始ヘラヘラ。
<セットリスト>
1.Birth of Romance ~ Noble Scar
2.Eternal Dream
3.The Revival
4.Red Star
5.forget-me-not
6.Brightest Hope

ENCORE
7.Maid of Lorraine (with 矢島舞依、ZIN、淳)


心配していたハコの音響は、全体的にデカめだったものの、今回はそこまで悪くなかったです。むしろパワフルに音がガツンガツンと飛んでくるようで、音楽性には合っていたかもしれません。優れた演奏陣を揃えたアクトが多かったおかげもあるかな。
4バンド(出演者)とも、ほんと真摯なパフォーマンスでしたね。
充実感に満ちたイベントでございましたぁん。

12月29日、渋谷Star Lounge劇場でCROSS VEINワンマン!


スポンサーサイト

COMMENT 0