TM NETWORK「Self Control」


TM NETWORK「Self Control」 (1987)

ウホウホゴリラな3rdアルバムから一転、急激に洗練された傑作4th。
B'zの松本孝弘(Gt)、同じくB'zの録音サポートでお馴染みの青山純(Dr)と山木秀夫(Dr)ら、豪華なゲスト・ミュージシャンが参加している作品です。

収録されている全10曲にはすべて、必要があるのかどうかさっぱり分からないサブタイトルがつけられています。なんだかバブリーだなぁと感じますし、ダセぇっちゃダサい。ただし、アルバム・タイトルにもなったシングル曲④Self Controlの「方舟に曳かれて」という副題はイカすね。イカすという言い回し自体が限りなくダセぇことについては、ここでは触れないものとします。

ウチのブログ的にはコレがTM最高作ですね。
どれか1曲、もしくは数曲が図抜けているわけではないし、シングル曲だらけのアルバムでもありません(シングルは2曲)。異常に高いレベルの楽曲が揃った、全部が全部良いアルバムなんです。粒揃い過ぎだろう!?っていう。むしろシングルの⑤All-Right All-Nightが相対的に弱く感じるほどですね。

アルバム前半にアップテンポめの曲、後半にバラード・タイプの曲が集まるという、分かりやすい構成になっています。とはいえ、どちらかが弱いということもなく、“両サイド”ともに聴き応えがあり、かつ全体の流れがスムーズであることが驚きです。
後半にしても大人しめの曲が多いながら、ダレるわけではないんですよね。その点については⑧Spanish Blue(副題は「遙か君を離れて」)の存在が大きいでしょう。後半で唯一、他の曲とは毛色が異なるハードめな曲で、それほど有名曲ではない(と思う)ながら本作随一のキラー・チューンです。もうね、あたしゃあ愛してますよ、この曲。


前作において、「FANKS」と呼ばれるTM NETWORKの基本的な音楽性(音楽面についてだけ示した言葉ではないが)が固まった感がありますが、そこからロマンティシズムが増し増しになったような作風でしょうか。本作収録曲のサウンド(≒メロディ)がロマンティックだというのはもちろんあるんですけど、ここで注目したいのは歌詞ですよ歌詞。
管理人は常々、対象との時間的/距離的な隔たりが切なさを生む、と考えています。遠い方が切ない。時間が長い方が切ない。英詞で「ナンチャラ~away」って表現が出てくるとちょっぴり切なくなるだろ? ならない? 要は遠距離恋愛の方が切ないってことです(ちょっと違う)。因みにここでいう「切なさ」は、音楽(特にHR/HM)を表現する際に使われる「クサさ」という言葉に言い替えてもいいような気もしますし、本作での「ロマンティシズム増し増し」に近似の感情だったりします。

そして本作の収録曲には、そういった時間的/距離的な隔たりを感じさせる表現の歌詞/言葉使いが多いような気がするんですよね。管理人の勘違いかもしれないけど、それだとこの記事が成り立たなくなるので(笑)、勘違いじゃないってことにして先に進みます。
既に上に登場した「方舟に曳かれて」「遙か君を離れて」という副題が正にそうだし、実際にこの2曲の歌詞を見てみると「君を連れ去る車を見送って」「窓ごしに映って」「君と夢見てたあの頃に戻れはしない」「君から遠くなって歩き続けてゆく」等があります。特に、異国の地名を並べる後者のロマンティシズム駄々漏れっぷりは、歌詞の面からみても本作における代表曲に相応しい出来。
アルバム後半のバラード4曲なんて、そういった歌詞のオンパレードですよね。⑦Time Passed Me Byは曲名からしてそうだし、⑨Fool On The Planet⑩Here, There & Everywhereは宇宙レベルの距離感である(笑)。おそるべし、小室みつ子。めっちゃ切ねー。

一番の代表曲はタイトル・トラックのでしょうね。この曲のオリジナリティ、他のどの曲とも似ていない個性ってのは、TMの名曲群の中でも輝いています。宇都宮隆(Vo)の魅力を精一杯引き出したヴァース~ブリッジもサイコーですけど、やはり肝は絶大なインパクトをもつサビのリフレインでしょうね。
このと甲乙付けがたいと思っているのが、シングル候補でもあったという③Don't Let Me Cryです。これまたウツの強みが活きる早口ヴォーカル曲で、ウツらしさでいえば以上かも。緊迫感とスピード感溢れる曲調の中、彼らにしては珍しいほど直接的な歌詞で「君」を求める狂おしさにドキッとします。オイラは「ああ すれ違いざま~」「ああ 凍えた胸に~」のブリッジ・パートが異常なほど好きなの。哀愁全開で。


自分達に求められるイメージを一歩も踏み間違わずに、完成度の高さと分かり易さを実現した名盤。
完璧。

【お気に入り】
⑧Spanish Blue
④Self Control
③Don't Let Me Cry
⑥Fighting
⑦Time Passed Me By
⑩Here, There & Everywhere
⑨Fool On The Planet


スポンサーサイト

COMMENT 0