EDGE OF SANITY「purgatory afterglow」


EDGE OF SANITY「purgatory afterglow」 (1994)

プロデューサー/エンジニアとしても著名なDan Swano(Vo, Key&Gt)率いる、スウェーデンのメロディック・デスメタル・バンドの4thアルバム。ジャケ画はこの界隈お馴染みのNECROLORD様。

メロディック・デスメタル勃興期の重要バンドとして有名なEDGE OF SANITYですが、メロデスらしい分かり易さとともに、プログレッシヴ・ロック(メタル)の複雑さや構築美を併せ持っています。練られた曲構成や知性、厳粛さ等、初期OPETHに通じるところもあるかもしれません。また、攻撃性が疎かにされず、デスメタルが暗黒の音楽であることを思い起こさせてくれる存在でもあります。

スタイルとしての「メロディック・デスメタル」を体現した前作「the spectral sorrows」(1993)も力作でしたが、そこから全ての面でパワーアップ、激しさはそのままに明快さが増しています。特に、緩急激しめの展開を自然に取り込んだ1曲目の①Twilightね。メロデス界の金字塔、至福の8分弱。この曲だけでもう名盤と断言してしまいたい気分になります。

だけでなく、アルバム序盤~中盤の流れは強力ですね。手を変え品を変え~なリフの魅力が大きいので飽きずに聴くことができます。④Silentで途端にメロくなる瞬間とか、⑥ElegyでR&R的爆走とメロデスを巧みに行き来する展開とか、ほんと上手いですよ。
ブラックメタルらしさが濃厚なところも、このバンドの特徴かも。

ソングライティングの妙だけでなく、Danのヴォーカリストとしての資質にも注目しておきたいところです。聴き易いけど軟弱に感じさせないデスVo。また、ところどころクリーンVoや語りも聞かせてくれるんですけど、なかなか歌える人なんじゃないかな~と。歌が上手いというより、声で聞かせられる人と言うべきでしょうか。まぁカッコイイ声なんですわ。なんというか、落ち着いてる声。上司にしたい声(笑)。
全編クリーンVoで通した⑤Black Tearsは、ETERNAL TEARS OF SORROWHEAVEN SHALL BURNによってカヴァーされた曲ですけど、あまりにもキャッチーなその曲調がアルバムの中で良いスパイスになっています。


いやー、傑作。
本作があまりに強力なせいで、これ以降の作品には手が回ってないのが実情だったりします。「他のアルバムよりもコレ聴いてりゃいいんじゃね?」的な。次作「CRIMSON」(1996)が1曲で1枚という、手を出しにくい超大作だってこともありますけど。

【お気に入り】
①Twilight
⑥Elegy
⑤Black Tears
④Silent
②Of Darksome Origin
⑦Velvet Dreams
③Blood-Colored


スポンサーサイト

COMMENT 2

かつ丼  2017, 08. 26 [Sat] 21:50

 疾走感に頼らないもしくは疾走感だけでなくリフワークにも長けたメロデスでは本作が最高傑作なのではないかと思っています。
Danのクリーンはいい声ですしグロウルは結構エゲツないのがツボです。
買ったのは最近ですが(笑)
あとジャケット、ネクロロードさんなんですね前作はそんな感じがしますが
青っぽいというか寒々しい感じがするので

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2017, 08. 27 [Sun] 19:21

かつ丼さん、

私が買ったのはたぶん'97年くらいですけど、その時よりも今の方がリフの作り込みの巧さが実感できるので、聴いていて楽しいですね。

確かにNECROLORDが手掛けたジャケは青っていうイメージが強いですよね。因みに前作「the spectral sorrows」のジャケはNECROLORD作ではないです(笑)

Edit | Reply |