喜多村英梨「DiVE to GiG-K-AiM」

喜多村英梨_divetogigkaim
喜多村英梨「DiVE to GiG-K-AiM」 (2017)

『渇欲』という名の禁断の扉、その先にある魂の重力を今、全身で感じ取れ!

ちょっと何言ってんだか、分かんないですね。
あんま感じ取れないです。

…という、復活作ミニ「Revolution 【re:i】」に続く、キタエリさんのシングルです。
通常盤。そっちの方が収録曲数が多いのでね。

中二病をこじらせた挙句、残酷かつファンタジックなカルマがなびいて進化した禁断の情熱が解き放たれてしまったキタエリさんですが、さすがに今回のこのタイトルはあまりにも奇を衒い過ぎじゃないですかね。というか、ダイヴ・トゥ・ギグカイムって何だ?

まぁ、こじらせた曲名や歌詞は今までもそうだったんで、一旦脇に置いておきましょう。
でも今回は音楽的に振り切り過ぎて、私が心地良く聴くことができる範疇を超えてしまった感じがしてます。
過度にメタリックということではなく、むしろ聴感は軽めです。ポップです。ただ音の詰め込みが歌唱面でも演奏面でもトゥーマッチ。忙し過ぎますね。
タイトル・トラックの①DiVE to GiG - K - AiMは、和楽器バンド華振舞空の極みへを手掛けたCue-Qが作曲していますけど、メロディが呼吸する隙間が無いほどみっしりとピコピコ音に覆われています。パソコンで作った感が強いです。ま、実際パソコンで作ってるんでしょうし、今はそれが当たり前なんでしょうけど、もう少し生っぽさを感じるようにも仕上げられるはずだし、ウチのブログとしては生身の人間が奏でている感覚があった方が好みだなーということです。
ARTEMAの小川耕平が書いた疾走チューン②メルト ~やみかわいい~よりもうちょい激しめでエモコアっぽさが注入されていますが、これまた忙しいし、キタエリ本人の歌い方のクセ(特に語尾)も気になるところ。

通常盤のみに収録の③+×+×+ 荊棘 +×+×+は感触が異なり、オケをフィーチャーした正統派のバラードになっています。彼女のVoも素直に歌唱力の高さを味わえます。でもそれだけに曲名と曲調の齟齬を感じるのがなんとも…。あとメロディ&アレンジの優等生っぽさがちょっと鼻につくかな。


復活したキタエリさんは、基本バンド演奏をしない方向性なのかしら?
本作収録の3曲全て、GtとBaは適宜入れているものの、Drは打ち込みですね。というより、基本プラグラミングで曲を作って、ギター(やベース)パートのみ生演奏に差し替えるというやり方なんでしょう。
曲毎に演奏陣は入れ替わったとしても、「バンド」っぽさがもっと欲しいところです。
強者どもを率いてる姫感をもっとくれ。


スポンサーサイト

COMMENT 0