貫井徳郎『灰色の虹』

貫井徳郎_灰色の虹
貫井徳郎『灰色の虹』 (新潮文庫)

貫井徳郎の『灰色の虹』を読みました。

身に覚えのない上司殺しの罪で刑に服した江木雅史。事件は彼から家族や恋人、日常生活の全てを奪った。出所後、江木は7年前に自分を冤罪に陥れた者たちへの復讐を決意する。次々と殺される刑事、検事、弁護士。次の標的は誰か。江木が殺人という罪を犯してまで求めたものは何か。復讐は決して許されざる罪なのか。愛を奪われた者の孤独と絶望を描き、人間の深淵を抉る長編ミステリー。

救い is ゼロ。
凄まじく重い、傑作。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




この作者の描き方はなんて上手いんだろう。トリッキーでも派手でもないんです。丁寧でヘンなクセが無いんです。だから物語と登場人物に没入できる。それで没入する対象である物語やキャラがつまんないと逆に目も当てられない事態になりますが(笑)、本作は実に良いですねぇ。グイグイ引き込まれる。それゆえに救いのない話になるんですけど。
終盤にはミステリ的どんでん返しが決まりますが、それもカタルシスにはつながらず、むしろ冤罪と月日の経過が生む残酷さを強調します。

作者の丁寧な描写は、主人公側だけでなく、彼を冤罪へと「陥れる」側(≒司法関係者)や殺人事件として追う警察にも及びます。その「公平」な描き方こそ本作が傑作たるゆえんで、物語に説得力と深みをもたらしています。それゆえにさらに救いのない話になるんですけど。(繰り返し)

クソ刑事に、傲慢検事に、キャバクラ弁護士に、堅物裁判官に、自己顕示欲全開目撃者。
この殺される側の人物描写がなかなか読ませるし、面白いのよね。特にお気に入りは、傲慢検事と堅物裁判官。前者は、自分の正当性を疑わない、正義感の塊のような厄介タイプ。周りにいる人間をいちいち採点するクセがなかなか可愛いです。自分の奥さんには95点(笑)。
後者の堅物裁判官は、妻に不倫される役(?)なんですが、自分の頭が薄いから(妻が)浮気するんじゃないのかと考えるところがサイコーですね。「(自分は)髪の毛さえあれば人間として完璧なのに」というパワー・フレーズねww さらに、浮気相手の写真を見て「頭髪には不自由していないようだ」という感想を漏らすのも最高(笑)

でもこの5人の中で、本当にクソなのは刑事だけなんじゃなかろうか。そう思わせる作者の視線だし、ひたすら悪役として描かないことで、人間ドラマとしての魅力が増してますよね。全て「人」に押し付けるのではなく、冤罪を生んでしまうシステムや社会の残酷さにも目を向けています。
よりによってエピローグ部分にその挿話を配するんだ、というやりきれなさマックスなエンディングも重い。


スポンサーサイト

COMMENT 0