月村了衛『土漠の花』

月村了衛_土漠の花
月村了衛『土漠の花』 (幻冬舎文庫)

月村了衛の『土漠の花』を読みました。

ソマリアの国境付近で活動する陸上自衛隊第一空挺団の精鋭達。そこに命を狙われている女性が駆け込んだ時、自衛官達の命を賭けた戦闘が始まった。一人の女性を守ることは自分達の誇りを取り戻すことでもあった。極限状況での男達の確執と友情。次々と試練が降りかかる中、生きて帰ることはできるか? 一気読み必至の日本推理作家協会賞受賞作!

話題作であり、楽しみにしてましたけど、いまいち合いませんでしたね。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




少し前に読んだ、神家正成の『深山の桜』もアフリカでの自衛隊の活躍を描いた作品(舞台は南スーダン)でした。あちらは作者の経歴を活かした緻密な描写が特徴の作品でしたが、こちらは徹底的に冒険活劇。リアリティの欠片も無い。姫を守ってぇ!→敵地をくぐり抜けぇ!→絶体絶命の危機を脱しろォ!みたいな状況は、ファンタジーとか神話に近い設定ですし、よくもまぁここまで次から次へと危難が降りかかって来る(というか、作者が設定する)よな、という現実感の無さが特徴です。
というか、「敵」が強すぎ。そんな状況下において、対等に渡りあう自衛隊の面々の実力には唖然とさせられますが、同時に説得力が皆無。それぞれ、合気道が得意だとか元暴走族だとか車イジりが好きだとか射撃が得意だとかっていう設定があるんですけど、それもまた何だか戦隊モノっぽい非現実感を煽ります。

アフリカという舞台のせいもあるかもしれませんが、船戸与一的な匂いもする小説でした。あとそれ以上に感じたのが、アリステア・マクリーンの名作『女王陛下のユリシーズ号』っぽさ。バシバシ死ぬのよ。自らを犠牲にして。いつもならそれで泣けちゃうのがワタクシだし、事実『女王陛下の~』は号泣しながら読んだものですけど、本作は反対に白けちゃった。それはリアリティを感じなかったから。
アクションシーンにメリハリが無く、無駄に垂れ流してるような気もしましたね。あと、とってつけたようなロマンスも蛇足。

う~~ん、期待していただけに残念な出来。


スポンサーサイト

COMMENT 0