OZ RAM INDIO@渋谷CYCLONE

『 ANARCHY STONE pre. Against 』 渋谷CYCLONE (2017/6/23)



Twitterで評判を見掛けた、男女混合4人組ロック・バンドOZ RAM INDIOのライブを観に行ってきました。初見。
トリオ編成ガールズ・パンク/ロック・バンドANARCHY STONEの主催イベントです。


OZ RAM INDIO
トップバッター。別に打者じゃないけど。
VoとBaが女性、GtとDrが男性の混成バンドです。
先月くらいにTwitterで友人がこのバンドのことをウヒョー!ウヒョー!言ってたんですよね。そこでMVをチラ見してみたんですけど、管理人の大好きなRONDONRATS。に通じるところがあるじゃんかよー、と魅かれました。会場でしか買うことができない音源もあるようですし、ならばライブ行ってみようかな、と。
平日の早めの時間だったにも関わらず、既にフロアはかなり埋まっており、(私のような)OZ RAM INDIO目当てのお客さんも多い感じ。

メディアによる宣伝文句は「18歳のヴォーカリスト・Megを擁する~」みたいなところに総じて落ち着いてるようです。彼女がバンドの“顔”であることもありますが、何故かこういう場合は最年少メンバーの例を出してくるのが普通なので、他のメンバーは彼女と同い年か年長なんだと思います。まぁ爺さんバンドだと、「平均年齢6x歳(→けど若々しい!)」みたいな文脈で年齢を持ち出してくることもありますけども。

若さは強力な武器。
反面、未熟さや経験値の不足といったマイナス面にも容易に繋がるわけですけど、彼らのパフォーマンスはとてもこなれていて、ビックリしました。ライブ慣れしているな、という印象。曲間の繋ぎ方や、煽り方/魅せ方がよく考えられており、ステージにグイグイ引き込まれた。それはフロントのMegのリードだけじゃなくて、KaeDe(Gt)とrhythm(Ba)のちょっとしたアクションも上手く作用していたと思う。実に絵になるバンドだし、フロアに熱を生み、それを保持する術に長けていると感じました。KaeDeは歌メロを口ずさみながら、終始にこやかにプレイしていて、とてもいいね。
もっと長いステージを観てみないと分からない部分もありますけど、5曲?という短い時間でバンドの持ち味を存分に発揮していたであろうステージは素晴らしかったです。ただ、自己紹介する時のバンド名は、もうちょっと丁寧に聞き取りやすく伝えた方が良いと思いますけどね。

RONDONRATS。に似ているかなと思った音楽性ですけど、実際に観た印象だとまぁ半々かな。Megの甘さのあるキュートな高音域はラッツのMAMIKOに通じるし、同期音源を(曲によっては)派手に使いつつもバンド演奏が殺されていない点も同様。Rin(Dr)とrhythmのリズム隊がしっかり支えているからでしょうね。
ただ、ギターの使い方やシングル/ツインという編成の違いもあり、ラッツの方がもっとHR/HM寄りかな。ラッツはリフが楽曲を引っ張る場面が目立つけど、オズラムはカッティングを主体にして時折タッピング等の技巧的なリックを入れる手法。ギタースキーとしては、全体の演奏からGtトーンが抜けてくると、もっと好みなんですけどね。
歌メロに歌謡曲的な匂いのするラッツに比べると、オズラムはモダンでラウドロック寄りかな。ポップス/ロックに収まらない、R&B調のメロやラップ・パートもあるので、全体としては「キャッチーで翳りのあるメロディを持つミクスチャー・ロック」、という感想に落ち着きそう。
あとですね、歌メロの質感とMegのリズム感の良さに依るところが大きいですけど、ノリがどこか海外バンドのようなんですね。あんまり日本のバンドっぽくない。ベタつきが無いというか。歌詞は(英詞まじりの)日本語なんですけども。前述したラップ調パートでの、喋りと歌の中間あたりをいく歌唱は、板に付いていて見事でした。また、同期ではコーラスも被せていましたけど、ところどころrhythmが歌うことでツインVoのようになる場面もあって、なかなか練られているな、という印象。


いやー、とても良かったです。熱さだけじゃなくて、暗めの叙情がある点が好みだし。またライブ行こう。
終演後、物販で扱っているCD×3枚を購入。
<セットリスト>
分からん。



オズラムの後に続いて観たGREEN EYED MONSTERも楽しかったですね。観るのは多分4回目(前回は2014年のハロウィンの時かな?→コチラ)ですけど、観るたびに整合感が出てきてるような気がする。Drが気持ちいい。この日を以って主催のANARCHY STONEからGt&ChoのYuinoが脱退とのことでしたが、彼女に向けたTAMAKO(Vo&Gt)のMCも胸にクるものがありました。


スポンサーサイト

COMMENT 0