筒井康隆『銀齢の果て』

筒井康隆_銀齢の果て
筒井康隆『銀齢の果て』 (新潮文庫)

筒井康隆の『銀齢の果て』を読みました。

増大した老齢人口調節のため、ついに政府は70歳以上の国民に殺し合いさせる「老人相互処刑制度(シルバー・バトル)」を開始した! 和菓子司の隠居、宇谷九一郎の住む宮脇町には、もと自衛官、プロレスラー、好色な神父など「強敵」が犇めいている。刃物と弾丸が飛び交い、命乞いと殺し合いの饗宴が続く。長生きは悪なのか? 恐怖と哄笑のうちに現代の「禁断の問い」を投げかける、老人文学の金字塔!

老人版『バトル・ロワイヤル』。
この突飛な設定こそが肝の作品ではあるが…、、、、、


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




こういった、舞台設定一発勝負的な作品は、その設定を物語の中で活かせるか、次々と読みどころを配置して竜頭蛇尾にならずに終わりまでもってゆけるのか、が決め手となるような気がします。その点、本作はメリハリに欠けますね。序盤こそブラック・ユーモア全開の文章を楽しめましたが、ずーーーーーーと同じペースで同じような描写が続くもんだから飽きちゃった。
おまけに「章」で分けているわけでもないし、場面が変わっているのに行間を空けていないから分かりづらいしで、後半は流し読み状態でしたね。物語の最後にひとひねりあるんだけど、だからどうした?って感じだし。

本書をエンタメ作品として読むことが正解なのかどうか分かりませんが、そう捉えるとつまらん、という感想になってしまいますね。こういう小説を書いてしまった、という点にこそ評価するポイントがあるのかもしれんなぁ、と。


スポンサーサイト

COMMENT 0