貫井徳郎『北天の馬たち』

貫井徳郎_北天の馬たち
貫井徳郎『北天の馬たち』 (角川文庫)

貫井徳郎の『北天の馬たち』を読みました。

横浜の馬車道で探偵事務所を始めた皆藤と山南。優秀で快活な彼らに憧れを抱いた喫茶店マスターの毅志は、2人の仕事を手伝うことになった。しかし、復讐や男女を引き合わせるといった、探偵としては奇妙な依頼を受ける彼らに、毅志は違和感を覚える。何か裏があると独自に調べ始めた毅志は、2人の隠された過去を知ることになり――。緻密な伏線が繋がったとき、驚愕の全貌が姿を現す。感動と衝撃のサスペンスミステリ。

重いテーマとずっしりとのしかかるような読後感を持つ作品が多いように感じる作者。本書も重いっちゃあ重いですけど、読後感は爽やか(当社比)なのが特徴でしょうか。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




男の友情をテーマにしたサスペンス物。
ミステリ的どんでん返しは控えめ。というか、無い。謎を解きほぐしていって「あぁ!そういうことだったのか!」みたいのはありますけど。

最初は、なんでこんな一つ一つの仕事(=探偵事務所が受けた依頼)について細かく描写するのか理解できませんでしたし、この内容なら短編としてまとめた方がすっきりとキレ味鋭くまとまったんじゃないか、等と考えながら読んでいました。でも半分過ぎ、三章構成のEpisode 3に入ってからはグイグイと引き込まれました。
皆藤と山南の魅力で押し切ってる感が強いですけど、それも人物造形が巧い作者の筆力ゆえでしょう。毅志が2人に魅かれた理由や仕事を手伝うに至った経緯についての説得力が薄かったり、物語のキーを握る女性である淑子が何故あんなロクデナシと結婚したのか等、納得のいかない箇所はあります。ちょっとご都合主義が鼻についたりもします。でも愛すべき登場人物達に囲まれた喫茶店≪ペガサス≫と≪S&R探偵事務所≫の雰囲気がちょー素敵なので全部許せちゃう。ちょっとした脇役まで丁寧に、でもしつこくなく書き分けてるのはさすがですわ。

切ないけど希望を湛えたラスト。
皆藤、山南、鳴宮聡一、そして語り手=主人公である毅志の4人を、冒頭に掲げられたペガスス座に関する引用説明の中の、星座を構成する4つの星になぞらえるならば、毅志を絡めたラストに持っていって欲しかったという気持ちはあります。
あと続編は読んでみたいけど、難しいだろうなぁ…。スケール・ダウンしちゃうでしょうし、探偵事務所を巡る日常物にするにしても馬車道には戻ってこれないだろうしなぁ…。


スポンサーサイト

COMMENT 0