ROUAGE「BIBLE」


ROUAGE「BIBLE」 (1996)

名古屋出身のヴィジュアル系ロック・バンドのメジャー・デビュー・アルバム。
KAIKI(Ba)が脱退して、KAZUSHI(Vo)/RIKA(Gt)/RAYZI(Gt)/SHONO(Dr)というお馴染みの4人編成になっています。

インディーズのフル「ROUAGE」(1994)からあらゆる面でグレードアップしてますわ。順当進化。
このバンドのカタログの中で、最も王道ヴィジュアル系に則ったメロディックさを味わえるのが本作。聴き易いです。ハードルの低さでいえば、本作かメジャー4th「SOUP」(1998)じゃないでしょうか。ROUAGEの持つ美しさがストレートに出たのが本作、彼らならではの拘りをメジャー感を増した形で具現化したのが「SOUP」。そんな感じ。

ルナシー化(?)が加速してます。サイコー。
③沈黙なんて思いっきりLUNA SEA流のスピード・チューンですよ。「輝く事さえ忘れた街は~」って歌い出しそうな気配あるもん。⑧人間・失格にも、背徳感と激烈さを薄めて聴き易くした初期ルナシーっぽさがあるし。

ただこのバンドの場合、アップテンポの曲がイコール代表曲とは限らないってのは特徴かな、と。本作でいうと、オープニングの①Original sinや、ゆったり流れるメロディの美しさが堪らない④Over flowとかね。また、薄暗い叙情を纏いつつ、同時に大らかさや爽やかさの演出にも長けていることも特筆すべき。
歌メロに負けないくらい、時にはそれ以上にテーマ・メロに強力なものが多いことも挙げられるかもしれません。中でもバンドの代表曲と言える、シングル曲②Queenはやはり名曲ですね。アルバム全編で、丁寧に紡がれるGtソロも好み。RIKAとRAYZI、どっちがプレイしてるんだろ? まぁ、ちょっとたどたどしさもあるんですけどね。


最もROUAGEらしい作品とは言えないような気もしますけど、最もV系の王道を体現してる作品だとは言えそうです。
傑作。

【お気に入り】
②Queen
⑩Promise
③沈黙
④Over flow
⑤Jesus phobia
⑧人間・失格


スポンサーサイト

COMMENT 0