FEEL SO BAD「AFFECT on your brain」


FEEL SO BAD「AFFECT on your brain」 (1994)

国産ロック/ラウドロック/メタル・バンドのデビュー・アルバム。

ビーイング所属の作詞作曲家、川島だりあ(Vo)のソロ・アルバムの制作に倉田冬樹(Gt)が参加したことが、このバンドの結成に繋がったという認識ですが、この1stの時点では「バンド」というよりは2人のユニットと言ったほうが正しいでしょう。リズム隊はサポートですが、さすがビーイング人脈といいましょうか、その顔ぶれが物凄いことになっています。永井敏己(Ba)と、手数王・菅沼孝三(Dr)。
プロデュースは倉田&川島とともに、川島のソロ作2枚にも参加していたEARTHSHAKERの西田昌史が携わっています。

「ビーイング」というのは音楽制作会社の名称であって、音楽性を表すものではありませんが、その言葉を耳にするとなんとなくイメージされる音があるはず。それは織田哲郎/栗林誠一郎/明石昌夫/葉山たけしといった作編曲家だったり、B'zT-BOLANWANDS大黒摩季倉木麻衣等々のアーティストに依るものだったりすると思います。

だがちょっと待った。
そんなイメージ上の「ビーイング」とは異なる音が、このFEEL SO BADでは展開されております。

確かに、ヴォーカルやコーラスの録音、(音楽性に比して)聴き易く仕上げたGtトーン、Drの抜けの良さ等、音作りはビーイング・クオリティに準拠してるし、時代に合わせたものになっていると感じるんですけど、その音楽性がちょっと違うというか、ユニークです。
ベースになっているのはカラッとした感触のアメリカンHR/HMかな。ノリの良さと爽快感を備えた⑧V8DAZEやパワーバラード調の⑨積み木の城こそビーイング、というか川島ソロ作の延長のような作風だし、シンセを適度に絡ませたアレンジもしかり。ただですね、洗練というよりは野蛮で破天荒。でも知的、という奇妙なバランスの上に成り立っている、オリジナリティのやたら高い音楽だったりします。

ビーイングのアーティストでハードロック寄りといえばB'zですけど、FSBはもっとメタリックですね。それは倉田のGtプレイに顕著です。こんなにすげぇメタル・ギターを弾く人がいたのかよ!?ってくらい強烈。そのプレイは流麗でスラッシー。ソロはクラシカルなんだけど、それほどYngwie (Malmsteen)っぽくはなくてもっと現代的。Shrapnel系に近いというかね。緻密な構築性はMEGADETHに通じるところがあるし、峻烈なギター・ヒーローっぷりを評するにはNEVERMOREARCH ENEMYのJeff Loomisなんて名前も浮かんできます。
フラッシーなフレーズをグイグイ捻じ込んでくるスタイルにゾクゾクきますね。③愛されたい YEAH, YEAH⑤アタシは平気は特に凄まじいことになっているし、⑦極悪非道な罪人たちよでは気持ちいいほど縦横無尽に暴れ回っています。
リズム隊は名うてのセッション・ミュージシャンですから、そのギターに反応するようにスーパー・プレイの連続ですし。

そんな演奏の乗る、川島のヴォーカルがまた規格外。技術的に高いことは勿論、込められたパッションが強い。何というかこの人は、「声」が凄いんじゃなくて、「歌」が凄いのよね。凄い声を出す人なんじゃなくて、凄い歌を歌う人。
そして異様にハイテンションです。ハイパー。フゥ!と言えば稲葉浩志(Vo/B'z)だったんですが、FSBを聴いたらそのイメージが瞬時に川島だりあに書き変わったくらいに本作のだりあは事あるごとにフゥ!してる。カッチョイイ。何言ってるのか分かんないでしょうけど、聴けば分かるんです。

歌メロにあまり歌謡曲的なクサみを感じないのは特徴でしょうか。それは川島による歌詞の言葉選びに依るところも大きくて、固有名詞とテーマのチョイスが独特過ぎるので、あまり耽美性が醸し出されないのよね。口語調表現も多いし。あとエロが全開なので、受け付けない人はいるかもなー。
このクセのある歌詞を豪快に、あっけらかんと歌い上げるところが、最も聴き手を選ぶところかもしれません。

ただ、初めて聴く時の衝撃はデカい。
稀代の歌い手が尖りまくった演奏とぶつかり合うこの音像。川島が提供した楽曲を知っている人であれば余計にびっくりする(した)んではないでしょうか。私はといえば、ZARDのイメージの延長でFSBで聴いてみたらびっくらこいた(笑)
川島と倉田、2人の個性やエゴ、やりたいことをそのまま出してぶつけたらこういう音になっちゃった的なものを感じます。この後の音楽的変遷を考えると、まだまだ猫を被ってるところはありますけどね。


音作りと歌詞の時代性を除けば、今聴いても全く古くさくない音楽です。先鋭的でエネルギッシュ。それでいて聴き易さがあるのがビックリです。何より、90年代前半に、この音楽性を女性Voでやりとげたってところが凄まじい。
自分の好みと完全に重なるわけじゃないけど名盤と呼ぶのに躊躇は無いですし、すげぇって感じる点がその他全てを凌駕する。
最高。

【お気に入り】
⑩Ready or not この中では異色なほどジャパメタ調の名曲。この昂揚感は正しくメロパワのそれですよ。
⑦極悪非道な罪人たちよ
③愛されたい YEAH, YEAH
⑤アタシは平気
⑨積み木の城


スポンサーサイト



COMMENT 0