城平京『虚構推理』

城平京_虚構推理
城平京『虚構推理』 (講談社文庫)

城平京(しろだいら きょう)の『虚構推理』を読みました。
2012年度の本格ミステリ大賞を受賞した『虚構推理 鋼人七瀬』を、文庫化するにあたってタイトルを少し変えたんですね。マンガ化もされているよう。
因みに、その年の本格ミステリ同時受賞は皆川博子の『開かせていただき光栄です』。

深夜、鉄骨を振るい人を襲う亡霊「鋼人七瀬」。それは単なる都市伝説か、本物の亡霊か? 怪異たちに知恵を与える巫女となった美少女、岩永琴子が立ち向かう。人の想像力が生んだ恐るべき妖怪を退治するため琴子が仕掛けたのは、虚構をもって虚構を制する荒業。琴子の空前絶後な推理は果たして成功するか?

文庫の装丁は本格推理物っぽい感じですけど、本書の内容や雰囲気に忠実なのは、ノベルス版の方だと思う。
かなりライトノベル的な設定やムードが特徴の作品かと。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




「鋼人七瀬(こうじんななせ)」のキャッチーな響きがズルいです。
自分が高校生くらいの時に読んだら、「めっちゃ面白い!」と感じていたかもしれませんね。特殊能力を持つヒーロー物として読める点と、仮説をビルド&クラッシュしながら真相に迫るという手法が。ただしこの作品の場合は、仮説の果てに真相があるんじゃなくて、虚構(でっちあげ)を虚構(でっちあげ)でひっくり返すって話なんですけどね。何を言ってるのか分からねーと思うが、そういう仕組みになってるんですよ、本書は。
ぶっ飛んでる。

でも説得力がイマイチかな。
掲示板に集まる連中が(荒唐無稽な話について)なぜそんなに冷静に議論するのか、とか考え始めちゃうと白けてきちゃうのよね。あと登場人物にあまり魅力を感じませんでしたね。なのでキャラ萌え小説としてものめり込めなかった。


続編があるような終わり方ではあるが…。。
おっぱい。


スポンサーサイト

COMMENT 0