佐々木譲『代官山コールドケース』

佐々木譲_代官山コールドケース
佐々木譲『代官山コールドケース』 (文春文庫)

佐々木譲の警察小説・特命捜査対策室シリーズの2作目、『代官山コールドケース』を読みました。
なんとなく東野圭吾の小説にありそうなタイトルだなーと思った覚えがあります。
前作『地層捜査』の感想は→コチラ。

17年前に代官山で起きた暴行殺人。容疑者の死で事件は解決したはずだった。だが今、川崎で起きた同様の殺人現場から同じDNAが見つかった。真犯人は別にいたのだ。特命捜査対策室の水戸部に密命が下る――警視庁の威信をかけ、神奈川県警より先に犯人を逮捕せよ。警察小説の巨匠による渾身の大作、シリーズ第2弾。

前作でボンヤリさせたまま終わらせた結末について、いきなり触れられているので、これは順番に読んだ方が良いでしょうね。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




主人公である水戸部の相棒は、前作は退職刑事で、今回は現職女性刑事の朝香。ただ、この2人(水戸部&朝香)の捜査をメインに据えて物語が進行していくわけではありません。その点、前作とは異なります。
3つの筋・3つの立場での捜査が、同時進行するのが本作の特徴でしょう。17年前の代官山の殺人事件を追う、水戸部と朝香。発生したばかりの西日暮里の殺人事件を追う、時田と久保木。双方の事件の資料(試料)分析を依頼される、科捜研の中島と吉住。これらが相互に絡み合って結末に収斂するところが読みどころなんだと思います。

前作は『このミス』(20位以内)にランクインしていないけど、本作はしています(14位)。かと言って本作の方が出来が良いかというと、う~~~んそんなこともないかな…という感じ。私は前作の方が好きですね。登場人物の人となりが前作の方が濃厚だったし、ページから立ち上ってくる叙情もあった。本作はそれぞれのキャラの行動や心情にどうもツッコみどころがあるというか、納得できない部分があります。人物描写よりも謎の解きほぐし方に、より焦点が当てられてる感じがしました。

つーか「スノッブ」なんて言葉、地の文ならともかく、会話の中で使うもんかね?
佐々木譲の警察小説と管理人との相性は、どうも一進一退を続けているような気がするなぁ…。


スポンサーサイト

COMMENT 0