佐々木譲『地層捜査』

佐々木譲_地層捜査
佐々木譲『地層捜査』 (文春文庫)

佐々木譲の警察小説、『地層捜査』を読みました。
特命捜査対策室シリーズの第1作という位置付けかな。

無能なキャリアに歯向かって謹慎となった若き刑事・水戸部は迷宮入り事件を担当する「特命捜査対策室」に配属された。15年前の四谷荒木町の殺しを再捜査せよ。専従捜査員は水戸部ただ一人。退職刑事を相棒に、水戸部は町の底に埋もれた秘密と嘘に肉薄してゆく。静かな余韻を響かせる警察小説シリーズ第一作。

作者の警察モノというと道警シリーズが有名ですけど、あれはどうもピンとこず。
その道警シリーズに比べると本作の方が地味ですが、とても面白かったです。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




過去をほじくる。
ほじくる。

現在進行形の事件ではありませんが、緊張感を保ったまま実に読ませます。作者の筆力というほかない巧さですね。綿密な取材の成果もあるでしょう、かつて花街があった土地の情景が、読者の頭の中に鮮やかに浮かび上がると思います。そこに立ちあがってくる叙情や寂寞感、儚さみたいなものが、本書の読みどころではないでしょうか。

メインの謎をまず据え、主人公・水戸部と相棒の退職刑事・加納、それぞれが別の読み筋を追っているかのように誘導する文章。ミステリアスなのは殺人事件の謎だけでなく、そこに登場する街の人々であり、水戸部と加納の心の裡でもある。謎解きを中心にした物語であるにも関わらず、人々の機微をきちんと掬い上げて結末まで纏め上げるのがすげー。

警察モノですけど、私立探偵が主人公のハードボイルドっぽい雰囲気も感じますね。人から人へと渡り歩いて情報を集める様子や、水戸部自身の描写はそれほどないのに、その行動や考え方から彼の人となりをそこはかとなくイメージさせる手法が。
ま、それほどヒリヒリとした緊張感は無いですけどね。

たいへん面白うございました。
続けて2作目読むぜ。


スポンサーサイト

COMMENT 0