黒薔薇王国「The Battlefront / 風 吹く限り」

黒薔薇王国_thebattlefront風吹く限り
黒薔薇王国「The Battlefront / 風 吹く限り」 (2016)

名古屋出身 黒薔薇王国出身のヴィジュアル系挙手メタル・バンドの1stシングル。2曲入り。

5月のRYUMEI氏主催イベントでインパクト絶大な挙手を ステージを見せてくれた黒薔薇王国
オフィシャルHPのメンバー・プロフィールを見てみましょう(→コチラ)。注目すべきは、皇帝由宇(Dr)の誕生日と血液型が当ブログの管理人(=俺だ)と同じってことではなくて、各メンバーの「影響を受けたアーティスト」「好きなバンド」のところに並んでいる名前です。完全にこちら側の住人でしょう。こちら側ってどちら側だよって話ですけど、要はHR/HMにヴィジュアル系、ウチのブログ的には好物ど真ん中ですわ。
で、そんなバンド名/アーティスト名の中でも、とりわけ重要だと考えたいのが、聖飢魔Ⅱ

このシングル、めちゃくちゃ聖飢魔Ⅱっぽいです。

聖飢魔ⅡのメロディックHR/HMの部分を抽出して、もうちょっと現代風にアップデートした感じ。

まずRhyn皇太子(Vo)の歌唱・声質がデーモン閣下っぽい。これはライブで聴いた時よりも強く感じました。特にハイトーンの響きやビブラート、シャウトの仕方がそっくりですね。中音域はそこまで似てるってわけじゃないですけど。閣下に似てるってことはそれだけ確かな歌唱力があるということですし、閣下の声にあるような聴き易さやポピュラリティを備えている(秘めている)とも言えそう。

曲を書いているのはRhyn皇太子とβa-βaLa姫(Ba、♂)。全編日本語詞。アップテンポのメロパワ①The Battlefront、哀愁のメロハー②風 吹く限りともに、フックのあるメロディを持つ強力な楽曲です。Roze公爵によるGtソロの構築美も大きな聴きどころ。
Key奏者不在のシングルGt編成というメンバー構成から連想するイメージよりは、Gtをハモったりシンフォを入れたりして、音を作り込んでいます。でも、過剰な作り込みを感じさせない、自然な音の隙間が気持ちいいですね。詰め込み過ぎてないけど攻撃性や勢いを失わない、適度なバランスです。メロディが生き生きと躍動してるのを感じる。ここらへんも聖飢魔Ⅱや80年代HR/HMっぽさを感じるところですね。そういえばライブでも、同期音源にバンドの演奏が食われることは一切無かったし、ごくごく自然に調和していた印象ですね。このシングルに収められている曲はプレイしなかったので、単純な比較はできないんですけど。
反面、完全にオールド志向かというとそんなこともなく、のキメの多さやDrの畳み掛けるフレーズ、のKeyの使い方等はもうちょっと現代的で洗練されています。ことさら技巧的なひけらかしはしていないけれど、ライブを観れば分かるようにテクニックも相当なものですし。


ヴィジュアルの派手さやライブ・パフォーマンスの独特さ(笑)とは裏腹に、音の方は至極真っ当で高品質です。地に足のついた実力派であることがビシバシ伝わってきます。悪魔教信者の方々はチェックしてみればいいじゃないですか!
たった2曲ですが、充実のシングル。
ちと価格高いけどね。



追記を読みたいという奇特な王国民の方は、挙手のうえどうぞ。
     ↓




当シングルの録音およびエンジニアリング周りの作業は、皇帝由宇の手によって行われていますが、聞いたところによるとこのCDにはシークレット・トラックを隠してあるとのこと。それはクレジットされてる最終曲、つまりこのシングルでいうと2曲目の後……ではなく、1曲目を巻き戻し、ランニングタイムを「00:00 → -00:01 → -00:02」という風にマイナス方向に進めたところに入っているとのこと。そんな仕掛けが出来るのかとびっくりしますが、これこそ本当に“シークレット”ですわね。
ただこのシークレット・トラック、新しめの再生機器では聴くことができないとのこと。アナログ的に「巻き戻し」という作業ができるハードウェアじゃないとダメなんだろうな、と。

私もやってみましたが、できました!

パソコンだとデータとして拾ってこないからダメでした。そこでオーディオ・システム(CDプレイヤーとアンプがそれぞれ独立してるやつ)で巻き戻しボタンを長押ししてたら、聴くことが出来ましたね。因みに、私のオーディオは国産ブランドのCDプレイヤーです。ちょい前の世代のラジカセとかコンポでもイケるらしいです。データとしては見つかってこないというか、いわゆるデジタルっぽい機械(なんだそれ?)だとムリなんじゃね?というぐらいの感じでしょうか。

どんな曲だったかは、ひ み つ ♡


スポンサーサイト

COMMENT 0