今野敏『自覚 -隠蔽捜査5.5-』

今野敏_自覚
今野敏『自覚 -隠蔽捜査5.5-』 (新潮文庫)

今野敏による、隠蔽捜査シリーズのスピンオフ短編集の2作目、『自覚 -隠蔽捜査5.5-』を読みました。
3作目『疑心 -隠蔽捜査3-』の感想 → コチラ。
スピンオフ1作目『初陣 -隠蔽捜査3.5-』の感想 → コチラ。
4作目『転迷 -隠蔽捜査4-』の感想 → コチラ。
5作目『宰領 -隠蔽捜査5-』の感想 → コチラ。

畠山警視は実技を伴うスカイマーシャルの訓練中、壁に直面する。彼女は共に難事件を乗り越えた竜崎に助言を求めた(「訓練」)。関本刑事課長は部下戸高の発砲をめぐり苦悩した。そこで竜崎の発した一言とは(表題作)。貝沼副署長、久米地域課長、伊丹刑事部長。彼らが危機の際に頼りにするのは、信念の警察官僚、大森署署長竜崎伸也だった――。七人の警察官の視点で描く最強スピン・オフ短篇集。

現在も刊行が続いているミステリのシリーズ物で、管理人が一番好きかもしれない隠蔽捜査シリーズ。
スピンオフ作品によってその世界がより掘り下げられ、魅力を増すというのは、シリーズ物の利点だったりしますが、(スピンオフ1作目の)『初陣 -隠蔽捜査3.5-』に続いて、本作でもそう。
つまり、最高。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓





シリーズ主人公の竜崎伸也・大森署長の幼馴染であり、かつ刑事部長の伊丹俊太郎。彼の視点から描かれた短編集が、スピンオフ1作目の『初陣 -隠蔽捜査3.5-』でしたが、本作は1編ずつ視点が異なります。

・「漏洩」 → 貝沼悦郎・大森署副署長
・「訓練」 → 警察庁警備部キャリアの畠山“いい匂いがする”美奈子
・「人事」 → 野間崎政嗣・第二方面本部管理官
・「自覚」 → 関本良治・大森署刑事課長
・「実地」 → 久米政男・大森署地域課長
・「検挙」 → 小松茂・大森署強行犯係長
・「送検」 → 伊丹俊太郎・刑事部長

どれも、長編物からミステリ的要素をおおかた排除して、時代劇的様式美の部分のみクローズアップしたような作風です。
究極の予定調和。そこに生まれる歓喜とニヤニヤ。

基本パターンは以下の通り。
①問題(と思われる事態)勃発ゥ!
②各編の主人公 「あわわわわ、どうしよ??」
③竜崎署長に相談しようそうしよう!
④竜崎 「何を悩んでいるのか分からない」 → 何らかの解決策や判断を提示
⑤各編の主人公 「今まで俺は何を悩んでいたんだろう…?」「魔法のようだ!」


…って、『3.5』の時と同じやんけ!(笑)

でもいいんです。それが本シリーズであり、今野敏の警察物だから。
各編の主人公、特に大森署員から竜崎への視線にニヤニヤせざるを得ません。
「竜崎の信頼にこたえているうちはいい。だが、いったんその信頼を裏切ったら、二度と相手にしてくれないような気がする」
「署長の機嫌を損ねるわけにはいかない」

ただ、竜崎の快刀乱麻っぷりを際立たせるためか、必要以上に彼以外の登場人物や状況を“間抜け”に描いているように感じるかもしれません。もうちっと冷静に考えれば、そんなに混乱せんだろう、とツッコミたくなる場面もちらほら。

「人事」が好きですね。
新方面部長・弓削と竜崎の間で翻弄される野間崎がサイコーです。
「自分が、先生に告げ口をしている小学生のように思えてきた」
「弓削はどんどん不機嫌になっていくように見える。いったい、どうしたらいいんだ」

彼が竜崎を評した、「はい。変人です。しかし、ただの変人ではありません」は名台詞でしょうww

「実地」での部下を徹底的に守り抜く久米地域課長の姿、「訓練」のラストシーンにもジーンとしました。
大矢博子氏による、丁寧な解説もよみどころ。


スポンサーサイト

COMMENT 0