とみなが貴和『EDGE』

とみなが貴和_edge
とみなが貴和『EDGE』 (講談社文庫)

とみなが貴和のEDGEシリーズの1作目、『EDGE』を読みました。

私には犯人が見える―。世紀末の東京、レインボーブリッジや都庁など超高層建造物だけを狙った連続爆破犯人「黄昏の爆弾魔=ラグナロク・ボマー」が、世間を震撼させていた。捜査に行き詰まった警察は、若き美貌の天才心理捜査官・大滝錬摩に協力を依頼する。ライトノベル界の最注目シリーズ、第一弾登場。

講談社内のライトノベル系文庫レーベルから出版されたシリーズを、講談社文庫に移植した作品です。
ライトノベルの方のシリーズは5作あるのに、こちらは2作出したっきり、2007年で刊行が止まってる。もしかして評判悪くて打ち切りになった??


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓



何がライトノベルで何がライトノベルじゃないか、よく分かっていない管理人ですが、とりあえずこの作品は色々と詰めが甘い。

ハッキリ言って、文章が下手じゃないかな。表現に揺らぎがあるというか、定まっていないというか、例えば同じ人物について呼び方が名字だったり(下の)名前だったり。…ってこれは主人公・大滝錬摩の昔の部下である藤崎宗一郎のことで、「藤崎」と書く場合は昔の彼を、「宗一郎」と書く場合は幼児化してしまった今の彼を表しているんだけど、それと気づくまでは違和感しかなかった。いや、気づいても違和感はぬぐえないんだけどさ。「藤崎」といった具合にカッコ書きするわけでもない地の文のままだし、説明をされるくだりはあるんだけど、後半も後半、遅きに失するタイミングだし。

また、あちこちで「え?さっきはこう言ってたけどなんで?」っていう風に数行戻ったり、「これ誰(何)のことを言ってるの?」って思考が一旦立ち止まることによって読むスピードが鈍ったり、文章から上手く情景が想像できなかったり…etc…という、波に乗れないというか、読んでて疲れる文章ですね。自分と合わないだけかな?
いやぁそんなことないよな。

ツッコミどころが多いんですわ。
宗一郎の“特殊能力”のことは置いといても、リアリティの無さは看過できないほど。人物像の掘り下げについてもしかりだし、警察組織についてもそうだし、核となるプロファイリングにしてもそうだし、爆発物についてもそう。犯人に建築の知識はあるのか? 爆弾を仕掛ける施設にどうやって忍び込んだ? プロの犯罪者でもないのに? 手榴弾はどうやって手に入れた?…、、、ちゃんと取材してんのかなと感じますね。錬摩が四苦八苦してる様子をほとんど描写もせず、「ようやく掴んだ仕事の手応え」とか言われても説得力が生まれないしね。途中からプロファイリングほとんど関係なくなっちゃってるし。
じゃあ現実から切り離したファンタジーとして捉えればいいのかって、そういうことでもないんだよなぁ。なんせ東京タワーとかレインボーブリッジとか山手線とか、実際にある固有名詞をバンバン登場させて物語を構成してるし、語り口のベクトルは本格的なミステリや警察小説を目指しているように感じるし。


う~~む、次作、既に買ってあるんだけどどうしよこれ?


スポンサーサイト

COMMENT 0