NHORHM「New Heritage Of Real Heavy Metal」


NHORHM「New Heritage Of Real Heavy Metal」 (2015)

ジャズ・ピアニスト西山瞳を擁するプロジェクト=NHORHMによる、HR/HMカヴァー・アルバム。第1弾。
第2弾は翌2016年に出ています。

裸ん坊ですね。ジャケ。
ノー知識な管理人はてっきり西山さん本人かと思っていましたが、どうやら藤崎ルキノさんという女優(とか諸々)さんだとのこと。
…ってWikipediってみたらこの方、聖飢魔Ⅱ「悪魔 NATIVITY」ヴァージョンのEL. DORADOのMVに出演してた人じゃないの!(MVは→コチラ) 御本人のツイートによると「当時30才だったのに女子高生役が来てびっくりした」と(笑)。このMVがね、マジで良いんですよー。音源としてもこのヴァーションのEL. DORADOがもしかしたら一番好きかもしれん。

あ、話が逸れました。
西山瞳推しの広告やインタビューのせいで、彼女一人によるプロジェクトだと思ってしまいがちですが、メンバーは以下の3人。

 西山瞳(Hitomi Nishiyama):Piano
 織原良次(Ryoji Orihara):Ba
 橋本学(Manabu Hashimoto):Dr


3名のイニシャルを並べたらNWOBHMに似ていたので、そこに英単語を当てはめていったらアルバム・タイトルの「New Heritage Of Real Heavy Metal」になったとのこと。
メンバー3人プラス、曲によってはゲストを迎えた編成による、(1曲を除いて)インスト・カヴァー・アルバムです。

曲目は、
01. In The Dead Of Night (U.K.)
02. Walk (PANTERA)
03. Man On The Silver Mountain (RAINBOW)
04. Skin O' My Teeth (MEGADETH)
05. Fear Of The Dark (IRON MAIDEN)
06. Upper Levels (ANGRA)
07. 悪夢の輪舞曲 (BABYMETAL)
08. Demon's Eye (DEEP PURPLE)
09. The Halfway to Babylon (オリジナル)
10. Green-Tinted Sixties Mind (MR.BIG)

リリース当時、ベビメタ⑦悪夢の輪舞曲の選曲が「あざとい!」と話題になっていた気がします(笑)。そのを除いて、収録されているのは世界的にも有名どころの曲ばかり。唯一、「Upper Levelsなんて曲、ANGRAにあったっけかな?」とか思いましたけど、「SECRET GARDEN」(2014/2015)に収録されているということで持ってなかったわこのアルバムナッハッハw


HR/HMの世界でカヴァー曲/カヴァー・アルバムというと、どれだけ精度が高く「完コピ」されているかという視点になりがちかもしれませんが、本作、完全にジャズ・サイドからのアプローチだと割り切って考えた方が、より楽しめると思います。要は、原曲の核となるフレーズを基にして、それを西山(もしくは3人)のセンスとジャズ的/即興的なアプローチで以って拡張した、との色合いが濃いものじゃないかと。曲のテーマのみ拝借した、肝となるエッセンスだけ掬い上げた、という感じもあるかな。
私は、「たまたま知っているフレーズが出てくるジャズ・インスト」みたいな認識で聴くことで、大いに楽しむことができました。既知の曲もやたら新鮮に響く。完コピじゃなきゃ原曲(アーティスト)に対して愛がないってわけではないでしょうしね。

メロディをそこそこ忠実になぞっている曲に関しては、パッと聴いただけで原曲に近いムードを感じ取ることができます。⑩Green-Tinted Sixties Mindはその最たるところでしょうか。も割とはっきりと面影があります。②Walk⑧Demon's Eyeもしかり。
原曲を知らなかった⑥Upper Levelsは、このラインナップの中でもとりわけ技巧的だなってのは伝わってくるし、事実聴き応えのある仕上がりになっていますね。

唯一ヴォーカルが入ってる曲が④Skin O' My Teethなんですが、これがかなり大胆に変貌しており面白いです。小田朋美のコケティッシュなVoは、Dave Mustaineと対極にあると言っても過言じゃないくらい別次元の哺乳類のそれですが、そのインパクトはなかなか大きく、原曲の持つリフの引っ掛かかる感じは残しつつも、お洒落なフレンチポップスみたいになってる。いいわこれ。(つーか原曲より好きだ)

一番のお気に入りは⑤Fear Of The Darkですね。原曲からしてこの中じゃ飛び抜けて好きだし、この曲がどうカヴァーされているのか知りたかったから本作を買ったってのもあります。元々持っている曲のメランコリックさが際立つ出来ですね。必殺のテーマ・メロディを(ゲストの)アコギがとったりピアノがとったりというアレンジも良いし、歌メロ部分もなぞるように演奏されるので、分かり易さもあります。


企画盤としてはなかなか面白い出来。かつ、瞬間風速的な一発だけじゃなくて、肩ひじ張らずに末永く楽しめそうな作品でもありますね。
ライブ観てみたいな。

【お気に入り】
⑤Fear Of The Dark
④Skin O' My Teeth
⑥Upper Levels
⑩Green-Tinted Sixties Mind


スポンサーサイト

COMMENT 0