Dragon Guardian「Dragonvarius」

dragonguardian_dragonvarius.jpg
Dragon Guardian「Dragonvarius」 (2009)

国産RPGクサメタル・バンドというかユニットの3rdアルバム。サウンドホリックからリリースされ、またBURRN!での高得点、というか藤木記者のプッシュもあり、クサメロ好き者界隈ではかなり話題になった作品ですね。ユニットとしてステップアップともなった重要作ですが、内容も素晴らしく個人的には彼らの最高傑作だと思います。
ベースは前作に続いてHibiki、そしてヴォーカルには同じくLIGHT BRINGERのFuki(以下、ふっきーという)が参加という超強力メタル人事異動により完成度が上がっています。ふっきーのヴォーカルが一気に凄味を増すのは「MIDNIGHT CIRCUS」(2010)(正確には2010年発売のシングルかな?)からなので、ここでの歌唱は現在のLIGHT BRINGERほどの超絶さはありませんが、安定感があり上手いことに変わりはないです。ふっきーの参加によって作品の格が上がったのは事実だと思いますが、それはLIGHT BRINGERにとっても知名度向上というプラス効果をもたらしました。何を隠そう、管理人が初めてふっきーのヴォーカルを聴いたのがこのアルバムでした。もっと正確に言うとこのアルバムの②暗黒舞踏会だ。もっと細かく言うとこの曲の最初の歌詞、「闇夜に笑う」だ(笑)。実際ドラガのこのアルバムからLIGHT BRINGERへと聴き進んでいった方は私の知り合いにも何人かいらっしゃいますね。

キラキラKeyのイントロ①序曲に続いて、私とふっきーとの出会いの曲(笑)へ。タイム00:00、これ以上考えられないほどのクサメロが流れ出す!悶絶!歌メロに入ってもどこがサビか分からないクッサクサの旋律が舞い踊る。というか全編サビみたいなもんだ。サビとサビの間をナレーションと台詞で繋いだような感じ?「今宵開かれし晩餐会~」から始まるナレーション・パート。「闇払いとしては最高位の“セラフ”の称号を持つ少女であった」でもうニヤニヤが止まりませんわ。その主人公カノンがヴァイオリン弾きという設定からか、ヴァイオリンの独奏っぽいパートが挿入されます。レオン王「おい誰か、演奏を止めさせろ!」(笑)ドラガのセールスポイントの一つと私が考える「ナレーション&台詞」パートのバックにおけるクサメロ乱舞も冴えわたっており、ここから再度サビメロに戻っていくところが好き。ラスト、ベラ「私はあんたみたいな強い厄払いが訪れるのを待ってたの!」のくだりのバックのキラキラ・メロディもツボ。ドラガ随一のキラー・チューンですね。
前曲ではやや抑え気味だったふっきーのヴォーカルの魅力が完全解放される疾走チューン③旅立ちの朝。これもキラー・チューンですなぁ。この曲のサビメロにおけるハイトーンとヒロイックな歌詞をここまでのレベルで歌いこなせるのはふっきーくらいでしょう。歌唱力だけじゃなくって、「まっすぐひたむき感」が大事。ちなみにイントロとアウトロを除き、このアルバムの曲はほとんど全てメロスピです。この曲で“5聖剣使い”のセシルさん登場。「ゲ~ヘッヘッヘ」という笑い声と共に三銃士の一人、ゲーテ様も登場。ナイスキャラ。ゲーテ様に押され気味で弱音を吐くセシルに対し、ベラ「あんた男でしょ!?」、セシル「すまない」、カノン「…ブツブツ……」(声が低くてよく聞き取れん)、ベラ「名案ね!」とドラクエでいうところのバイキルトの呪文をセシルに掛けるカノン。しっかしこのパート、3人が完全にエヴァンゲリオンしてますなぁ。「あんた、バカァ?」とは言いませんが。「さぁ、新しい時代の勇者が過去の英雄を超える時が来た!」のナレーションが大仰過ぎて鳥肌。
ドラクエで街を散策してます的アコーディオン・ナンバー④港街バッカスも途中から疾走しちゃいます。
⑤忘却の島で三銃士の一人、ガルム様が登場!キャラ濃いぃ!「ここまでの案内、ご苦労ぅ!」(笑)。因みに、ここで三銃士の残り一人がベラであると明かされます。あ、どうでもいいすか?ガルム様「う、裏切者めェ!(中略)ならばこの手で八つ裂きにしてくれるゥ!ヒャ~ハッハッ!」→「ここは私達に任せて先に行って!」的な展開がベッタベタで最高。ガルム様はドラゴンヴァリウスを手にしたカノンに一撃で倒されてしまいます。
タイトルトラックの⑥ドラゴンヴァリウスは山あり谷ありの大作。ストーリー的にもハイライトで、レオン王との対決だ!レオン王「っと、その前にネズミが数匹紛れ込んでいるようだ」、ベラ「気づかれていたのね!」
スラッシーなリフがかっこいい、⑦邪神への鎮魂歌。Hibikiのベースのランニングっぷりも映えてます。ラストにはお涙頂戴パートもしっかり完備しておりますので、初めての方でも安心してご利用いただけます(謎)。
アウトロ⑧白銀の髪。「あ、どこかでお会いしましたっけ?」う~ん、(セシルが)どうなったのか、よく分からん。

【お気に入り】
②暗黒舞踏会
③旅立ちの朝
⑦邪神への鎮魂歌

【お気に入りのナレーション】
③旅立ちの朝での、
「さぁ、新しい時代の勇者が過去の英雄を超える時が来た!」


【お気に入りの台詞】
⑤忘却の島での、
ガルム様「ここまでの案内、ご苦労ぅ!」
②暗黒舞踏会での、
レオン王「おい誰か、演奏を止めさせろ!」
③旅立ちの朝での、
ベラ「あんた男でしょ!?」→セシル「すまない」


ということで(?)、ふっきー、誕生日おめでとう\(*^∇^*)/
スポンサーサイト

COMMENT 6

kazz_asai  2012, 06. 10 [Sun] 21:27

本日はこの宴に御足労いただきまことに有難うございます

私もDRAGON GUARDIANではこれが最高だと思います。
で、コメントしようと思ったのですが…すでに管理人様が私の思っていたことを完璧に書かれているので、一言もありません。
私の好きな台詞もやっぱり「ちょっと、なに勝手にあきらめてんの? あんた男でしょ!?」〜「名案ね。お安い御用よ!」の掛け合いと、「ここまでの案内、ゴクロオ!」ですね。曲はもちろん全部。

Edit | Reply | 

もるぐ  2012, 06. 10 [Sun] 23:00

こんにちは!最近よくこのアルバムを聞いていてニヤニヤしながら読んでしまいました。笑
邪神への鎮魂歌のクサクサなリフにボーカルが乗ってくるところが好きです!

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 06. 10 [Sun] 23:48

kazz_asaiさん、

3rd最高意見、ありがとうございますm(._.)m
そしてkazz_asaiさんがセリフオッケー派だと分かり、とても嬉しいです!
敵キャラの濃さも3rdが一番印象深いかなぁと思います。

余談ですが、先日kazz_asaiさんがTweetしてらっしゃったARCHERON「END OF THE WEAKNESS」、興味深かったので買いました。到着待ちです。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 06. 10 [Sun] 23:52

もるぐさん、

喜んでいただいて光栄です\(≧∇≦)/

「邪神への鎮魂歌」はこのユニットには珍しく、リフ主導の曲ですよね。終盤にこの曲が配置されることによって、アルバムの流れの中、良いフックになっていると思います。

Edit | Reply | 

お客様  2012, 11. 02 [Fri] 20:37

フキコうまいよね

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 11. 03 [Sat] 12:57

お客様、

コメントありがとうございます!
ふっきーのヴォーカルは不器用なところも多々あるんですが、ハマったときの破壊力や、凄まじいものがありますね。
ドラガではこの3rdが最高作との声もよく聞きますが、ふっきーのVoがレベルを一段二段持ち上げていることは事実だと思います。

Edit | Reply |