PASSPO☆「Cinema Trip」


PASSPO☆「Cinema Trip」 (2017)

アテンション、プリィィィィィィィイイイズ!!

2016年の3枚のシングル、「Mr.Wednesday」「バチェロレッテは終わらない」「ギミギミaction/ラブリフレイン」を経てリリースされた、メジャー5枚目、ぱすぽ☆PASSPO☆へ改名後としては3枚目、日本クラウンに移籍して1枚目のオリジナル・アルバムですぽ☆

今回のテーマは「映画の旅」ということで、歌詞の内容がアクション物だったりヒーロー物だったり学園物だったりゾンビだったりするそうです。それに合わせてメインVoを担当するクルー(=メンバー)や歌う割合が異なる。…といっても、どの声が誰だか私がちゃんと把握できてるわけじゃあないんですけど。
映画と言ってもムードはハリウッド映画のそれで、引き続きアメリカン・ロック的なカラッと明るめな路線が推し進められています。今までで一番楽しく、わちゃわちゃしたアルバムかも。ただ、前アルバム「Beef or Chicken?」(2015)と比べると、シングル曲がちょっと弱いんだよなぁ。年間ベストで選んだFairy Taleのような圧倒的キラー・チューンも無いし。
そうそう、「Beef or Chicken?」から向日葵Perfect Skyといったシングル曲をオミットした雰囲気にも思えますね。なので統一感は前作よりある。今回も多くの曲をペンネとアラビアータ機長が手掛けていることにも起因するでしょう。

このPASSPO☆、メジャー・レーベル所属にも関わらず、家内制手工業的というか、どこか手作り感を感じさせるところも魅力で、今の7人編成になってからはアルバムの選曲も曲順もクルーが自分達で最終決定しているとのことです。本作に機長が書いた曲が多いのも自然とそうなったようですし、デビューからずっと一緒に歩んできた機長との相性の良さゆえかもしれません。

スタッフが持ってきた案をクルーが相当入れ替えたという本作の曲順。
ハードロッキン&機内放送なオープニング①Popcorn bought?でいつもの如く始まり、前半は勢いと熱量のある楽曲、中盤にポップさと遊び心が増えて~、という流れです。PANTHER(Gt)・KENTARO(Gt)・$pyke (Ba)・HIMAWARI(Dr)のThe Ground Crewが参加した、⑩マイノリティー・ヒーロー以降の終盤の楽曲が私の好みに近いかなぁ。は前作のNot in theoryに相当するタイプのハードチューンで、暴れ回る演奏に滑らかなサビメロが映えます。Gtソロもクール。ストリングス・セクションがええ仕事してまっせなシングル曲⑪ギミギミaction、映画のエンドロール的位置付けだという⑫フィルムの流れは、機長らしいちょい切ないメロディがジワジワと沁みてきて良いですね。
最後は明るいメッセージの⑬バチェロレッテは終わらないで締めるということで、アルバムの聴後感は◎。


明るく楽しい雰囲気の良作ですぽ☆
でもちと哀メロ不足かな。

⑤Mr.Wednesday MVは→コチラ。
⑥ラブリフレイン MVは→コチラ。
⑬バチェロレッテは終わらない MVは→コチラ。

【お気に入り】
⑩マイノリティー・ヒーロー
⑪ギミギミaction MVは→コチラ。このMV最高。
⑫フィルム
③7's Up ライブ映像に歌詞を被せたリリック・ビデオ→コチラ。
②Music Navigation
④PlayGround MVは→コチラ。


MVの本数といい色んな企画といい、日本クラウンの仕事っぷり、なかなか熱心ですね。


スポンサーサイト

COMMENT 0