Veiled in Scarlet「Lament」


Veiled in Scarlet「Lament」 (2016)

神戸の異臭騒ぎ厳戒態勢・クサ・リーサル・ウェポン・メロディック・デスメタル・バンドによる、ミニアルバム。
5曲入り。

2ndアルバム「Reborn」に続いて、寡作バンドが1年に2作をリリースということでちょっと驚きましたが、このペースはもしかしたら勢いを失うのを恐れたのか、はたまた「健在」を印象付けたかったのかな、等と考えてしまいます。というのも、前作リリース後、圧倒的に「否」の意見が多かったように思えるVo・Mikuが1回もステージに立つことなく脱退、その後のライブはシングル「THE UNDERWORLD」(2015)でも歌った新行内芳明(=Shin)が務めることで乗り切ったという経緯があるからです。

イケメソ・グロゥラーShinは本作にもゲストVoとして全面参加、これぞViSのあるべき姿といえそうな充実したパフォーマンスを収めています。彼のVoは歌詞カードを見ながらでも聴き取りにくい吐き捨て型ですけど、唸り声とか含めてかっこいいし、バンドの音楽性にはピッタリ合っています。アー写にも並んで写ってますし、関西在住のメンバーに代わってか本作のプロモーションも行っていたようですし、もう準メンバーのようなものなんでしょうね。このバンドのファンの誰もが思っていることでしょうけど、彼に正式加入してほしいところです。

前身であるSERPENT時代のデモ楽曲が基になっているという慟哭バラード調の③Drizzly Rainを除いて、あと4曲はこのバンドにしては速さと攻撃性を前面に押し出した曲が揃っています。暴虐の波に飲み込むのではなく、じっくりとメロディを聴かせるスタイルがこのバンドの強みでしょうから、必然的にファストな曲ばかりではなくなるし、それが個性でもあったと思います。
ただ、本作の4曲でもその美点が失われていないことは素晴らしいですね。速いパートが増えた分、音の隙間は少なくなっていますけど、それでもメロディがしっかり浮かび上がってくる。そしてそのメロディの質感はというと、天才メロディ・メイカーKeija(Dr&Key)の特徴でもあるクラシカルで気品のあるもの。殺傷能力と涙腺破壊力はいささかも鈍っていないどころか、ますます研ぎ澄まされている感もあります。

アグレッションと悲哀をぶちまける①An Act of God、哀メロを次々と重ねることで狂おしさを練り上げてゆく様がVisらしい②Allure of Darkness④Lament、メロデス勃興期の雰囲気を漂わせる⑤Merciless City。4曲全て、隙はありません。
③Drizzly Rainはもう最高と言うしかないキラー・チューン。ピアノが映える導入部に、丁寧にメロディを紡いでゆく展開、間奏の激泣きっぷりまで、全て素晴らしい。ShinのVoは、抑え気味の囁き声のヴァースと激情を迸らせるサビ、そのどちらも様になっており表現力の高さを感じます。


超絶傑作。
やっぱりViSは、Keijaはすげー。
国産メロデス系には優れたバンドが多くありますけど、このバンドのメロディ・センスが一番好きですね。
耽美&陰鬱極まりないジャケットも◎

【お気に入り】
全曲隙無しだが特に、
③Drizzly Rain
②Allure of Darkness
④Lament

い、いや、やっぱ①An Act of God⑤Merciless Cityも追加で。
全部。


スポンサーサイト

COMMENT 0