TWILIGHT FORCE「HEROES OF MIGHTY MAGIC」


TWILIGHT FORCE「HEROES OF MIGHTY MAGIC」 (2016)

スウェーデンのシンフォニック・パワーメタル・バンドの2ndアルバム。

デビュー作のジャケもドラゴンでしたがまたまたドラゴンですね。
1stの絵は荒々しいタッチで描かれた渓谷に浮かぶマッチョな戦闘型ドラゴン。火ィ吐いてます。
この2ndは繊細なタッチによるマジックポイント高そうな癒し系ドラゴン。周りを妖精さんが飛んでいます。
このジャケ画のタッチがそのまま2枚の作風の違いに繋がっていまs…、とか書こうとしましたがスミマセン嘘吐きました。1stは買ってあるはずなんですがどこにあるか分かりません。聴いてません。見つかりませんでした。でもどっかにあります。部屋のどっかに積まれているはずです。

1stについてはちょっとアレですけど、本作についてはジャケからの印象は作風に直結すると思いますね。
超大手メタル・レーベルNuclear Blastと契約したことが洗練に繋がったのか、細心の注意を払って作られたであろう楽曲を隅々まで味わうことのできる音作りになっています。ちょい音量は小さめですけど、オケやクワイヤがバンド・サウンドと綺麗に共存しています。アコースティック楽器の響きもいい。ファンタジックかつヒロイックな世界観を創出するという目的に完璧に合致した、壮麗でダイナミックな音に仕上がっているんではないでしょうか。

本作(とこのバンドの有り様)については既に多くの方が言及してます。良い意味で音楽そのもの以外の部分でツッコミどころの多い存在だし、こういうヲタク心&マニア魂を刺激する音楽性や設定についてはネット民は黙っちゃいないでしょうし(笑)。なんせ強い魔法の英雄ですからね。
で、今さら私が付け加えることも無いので、聴いて受け取った感触のみ、以下に簡単に。

音楽性としては明らかにRHAPSODY (OF FIRE)の系譜なんですけど、ムードは少し異なるように思います。ラプソの方はもっと眉間にシワ寄せながら聴くというか、エメラルド・ソードがどうなろうが全体の物語に関しては知ったこっちゃないですけど、今聴いてるこの曲で描かれている場面については真剣に対峙しようといった、どこかシリアスな空気が漂っているように感じます。
対して、同じファンタジックでヒロイックなシンフォニック・メタルでも、黄昏力の方はストーリーなんてさらにどうでもよくて(失礼)、切迫感が無いというか、おとぎ話度数が高いというか。要は底抜けに明るいんですな。能天気と言ってもよい部分がわんさとある。音楽的にはラプソなんだけど、精神性というか、根っこの部分にはHELLOWEENに通じる要素が色濃くあるような気がします。疾走曲が多く収録されている点は(初期)SONATA ARCTICAちっくではありますが、彼らのような切なさをあまり感じさせないところも特徴でしょうか。所謂クサメタルとして括られる音なんでしょうけど、その明るさゆえかカラッとしており、あんまり哀愁は無い。
良く伸びるハイトーンVoの実力は申し分ないし(やや細めだがそれが合っている)、楽器陣の貢献もしかり。出しているのはA級の音なんだけど、同時にB級の精神を引き摺っているバンドであるような、そんな感触も受けます。似たムードを感じさせる存在としてINSANIAなんて名前も浮かんできたりして…。

「南瓜に近い」と感じた理由には、間奏の充実も挙げることができます。2本のGtを中心にして、そこにKeyを絡めて、ソロ・パート/間奏自体が一つの物語であるかのように展開させてゆく。ラプソって間奏でウォォォオオオ!!!ってなったことほとんどないしね。
このバンドの場合、どの曲でも間奏がハイライトになっており、私は歌メロよりもその点に魅かれました。

とはいえ、聴いているとどの曲も同じムードを放っていて、知らないうちにどんどん曲が進んでいて右から左へと流れていってることに気づく…。。。


ハッ!
この「大いに評価できるクオリティだし絶対自分が好きな音のはずなのになんでか知らんが気に入らない」パターン、ダートラの時と同じだ…、、

というわけで、2016年、好きなタイプなのに何故かピンとこなかったシリーズ、パート2です。

【お気に入り】
⑤There And Back Again 大作、ってことは展開多めだし、展開多めってことは間奏が多いからすき。ゲスト参加のFabio様はさすがだし。
⑨To The Stars ドラフォっぽいよね。


「なんでか知らんが気に入らない」とか「何故かピンとこなかった」書いといてなんですが、記事を書いてるうちに理由ははっきりしてしまいました。やっぱりネックなのは明るさなんでしょうね。明るいメロパワって自分の中では南瓜のみ例外的に受け入れることができるジャンルなんだろうか…?? もしかしたらメロパワ者じゃなかったかもしれません自分…、、


スポンサーサイト

COMMENT 0