月村了衛『コルトM1851残月』

月村了衛_コルトM1851残月
月村了衛『コルトM1851残月』 (文春文庫)

月村了衛の『コルトM1851残月』を読みました。

残月の郎次――昼は廻船問屋の番頭、夜は裏金融を牛耳る儀平一味の大幹部。組織の跡目と目された彼の運命は、ある殺しを機に暗転した。裏切られ、組織を追われた郎次は、屈辱の底で江戸の暗黒街に絶望的な戦いを挑む。その切り札は誰も存在すら知らぬ最新式のコルト六連発!硝煙たちこめる大藪春彦賞受賞作。

SF的な設定を施した時代物かと思いきや、コルトの設定は荒唐無稽というわけでもなく、中身は(馳星周の解説にもある通り)“時代小説ノワール”でした。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓


さすが月村了衛という巧さ、そして面白さ。
その巧さが鼻につくくらいだったりもするんですけど。

最初は自惚れの強いいけすかない主人公だと思わせておいて、途中でより大きな“悪”を登場させることで、相対的に「こいつ実はいい奴なんじゃね?」的効果を生むのは、少年マンガ的ともテレビドラマ的ともいえるものであって、その実、使い古された手法なんですが、これが効果的なんだから文句はありません。まぁヒーロー物というよりはノワール=暗黒小説であるし、結局は犯罪者側の物語なので、読者の共感を得る人物が主人公である必要はないんですが、こういう分かり易いオチのつく物語の方がカタルシスを得やすいってのはあるわけですよね。そういう点が薄っぺらく映らないのは、作者のストーリーのもってゆき方や人物描写が巧いからでしょう。
なのでノワールではあっても、鬱屈した空気を終始纏った小説ではありません。私の印象では。ヒリヒリした緊張感はあるし、ラストシーンの余韻は正にノワール好きに訴えかけそうな場面ですけど、スカッとした思い切りの良さも感じるというか。破滅に向かうんではなく、生を渇望する郎次の姿にそれを感じます。


次作であろう『コルトM1847羽衣』が連載中とのことで、どうやらコレ、シリーズ物だったみたいですね。


スポンサーサイト

COMMENT 0