KAMEN RIDER GIRLS@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

『 仮面ライダーGIRLS LIVE TOUR 2016 ~戦う相手は己のみ~ 』 渋谷duo MUSIC EXCHANGE (2016/12/11)

KAMEN RIDER GIRLS(仮面ライダーGIRLS)のワンマン・ライブに行ってきました。
今回のワンマンは東名阪3公演の「ツアー」でして、その1発目となる東京公演は今年6月のワンマンと同じ渋谷のduo MUSIC EXCHANGE。柱の存在が憎たらしいアソコだ。観づらいし同期音源の音はボワボワと拡散気味だしと、マジ勘弁な場所ではありますが、まぁしょうがない。そりゃあ行きますとも。
私はステージ正面、1段高くなった後方から観戦で。前回とほとんど同じ位置。相当ステージに近い位置じゃなけりゃあ、柱の影響を最小限に抑えられるのって、ここしかないからねぇ。

「SUPER BEST」の時の黒白衣装で登場して、メドレーからのスタートでした。ちょっと意外性のあるオープニング。ここでLast Engageを“使い切って”しまったことは、大好きな曲なだけに少々勿体ないと感じてしまいましたが、まぁ何度も生で聴いている曲ですし、そのおかげかその後にBelieve in my flushAccelerate to the EternalWarning! Burning!っていう、ややレア気味な曲をフルで聴くことができたのは嬉しかったです。※Warning! Burning!フルじゃなかったわw
CDリリース時のミニライブとか複数ユニットが出演するイベントだと、どうしても曲数が少なくてかつ定番曲に偏り気味ですから、こういう幅広い選曲が為されるワンマンの機会はやはり貴重ですね。それら「レア曲」が相対的に“弱い”わけじゃないと思ってますし、ライブで観る時の方が音源初聴時より格段に印象が良いですし。Break the shellは名曲だわ。

『~戦う相手は己のみ~』というサブ・タイトルが冠された今回のワンマンですが、メドレーが終わるとそれに因んだ挨拶のMCタイムに。「風邪と戦った(井坂)」とかいう話から、最近は○○を心掛けてるとかいう単なる近況報告じゃねーかみたいな話題に移行しつつ(笑)、秋田知里が「わたし、己と戦った結果、壊れちゃいましたw」と言いつつ衣装のブラ紐崩壊のSexy Shotフゥ~♡

あとね、

ポニテきたか…!!

  ( ゜д゜ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

って今回もなりました(笑)

私はというと、このワンマンの間、すぐ前に立っていた人が手を振り上げる時に頭の後ろまで引いてからオイオイするからこちらの顔面に拳がブチ当たりそうでアブネーし、全然周りが見えてない盛り上がり方をするもんだから、それを躱すことと戦ってました。あとNewグッズでKRGSのロゴを模したデカいペンライトが追加されたことで、フロアの眩しさ度合いがアップしていたので、それとも戦ってましたw


2時間半弱くらいだったかな。ファンに楽しんでもらおうと、色々考えてるのが伝わってくるライブでしたね。演者の自己満足が第一にありき、じゃなくて、一緒に楽しもうという姿勢。実際、色々な趣向が盛り沢山でしたし。お金をバンバン掛けて魅せるんではなくて、手作り感が伝わってくるライブ。ま、(バック)バンドがいたわけじゃないし、現実問題、このキャパの会場と集客ではそんなに湯水のように経費を使えないでしょうけれど。

そんな、長い尺のライブならではの様々な「趣向」を盛り込んだライブは、今の5人のGIRLSになってからより強く感じることとなった点ですが、今回のワンマンでいえば、
 ①2回の衣装チェンジ
 ②新衣装および新曲
 ③Scarlet Savage、黒田絢子の振り付けにて初披露
 ④AbemaTV番組内での企画で、北海道の砂川市にプロモーションで訪れた時のVTR公開
 ⑤そのプロモーション曲の披露
 ⑥RIDER CHIPSとのコラボ曲B.A.T.T.L.E. G.A.M.E(=仮面ライダー映画の劇中歌)のKRGS版披露
 ⑦GIRLS出演のラジオ番組を模したコーナーからのユニット内ユニット×2でのカヴァー曲歌唱
…等々。

①衣装は、SUPER BEST【黒白】 → Movin'on【白】 → 新衣装【黒】、でした。スクリーンで④のVTRを2回に分けて流したんですが、そのタイミングでチェンジするという段取り。
で、②の新衣装、現行最新の清楚系純白からガラッと変えてきましたね。登場した時には一瞬Go get' emの時のやつを着てるのかと思いましたが、違いました。ハードテイストな黒にメンバー個々のイメージ・カラーを配色したやつ。黒田絢子の色は黒なので、ほぼ漆黒という。クール。KRGSの衣装って丈が長めの上着を合わせるものが多いような気がするんですけど、それがまたカッチョイイんですよね。聖飢魔Ⅱで言うとエース清水長官(Gt)みたいな感じのシルエットね(笑)。可愛いというよりはカッコイイ。いや、可愛いんだけど。
新曲はアンコール1発目でした。『仮面ライダーエグゼイド』の挿入歌だそうです。「Let's Get Together」って言ってたような気がするんですが、曲名かしら(GetじゃなくてTryだったw)。タオル回しの明るい元気系チューン。これ、急いで間に合わせた感が強かったですね。歌唱に不確かな雰囲気が漂っていたし、バックの同期も未完成なんじゃないかって気がした。コーラスとか追加されていなかったようだし。振り付けに関してはフォーメーションを組むような曲調ではなかったから、元々あまりカッチリとは考えられていないのかもしれませんけど。

③のScarlet Savageは化けたな、という印象ですね。
黒田が手掛けた振り付けは、歌詞の内容やリズムと連動したもので、なかなか見応えがありました。そのカッコ良さに引っ張られて、曲の印象が一気に上向いた。これからライブの定番曲になってゆくかもしれませんね。
全体的にはフォーメーション主体の振り付けではあれど、間奏では個々のキャラに合わせたソロ・ダンスを連続披露。このメリハリがとても効いていたと思います。しかしジェナの空手っぽい飛び蹴りは凄かったな(笑)。うぉーって歓声起こってたし。
つーか、このサビの陣形…、こ、これは…、、
魚鱗の陣ッ!!
しからばこちらは鶴翼の陣にて迎え撃つよりほかなかろうて!(意味不明)

④北海道に砂川市という自治体が存在するってこと自体そもそも知らなかったんですけど(スマン)、お菓子屋さんが多くあるとのことで。で、「国道12号を中心にお菓子屋さんが広がるこの街は「すながわスイートロード」と呼ばれています」とのことのようで。というか町興しの一環として「お菓子」を前面に押し出しているってことなんでしょうね。
今回KRGSがそのスイートロードのプロモーションに関わることになり、急遽(?)北海道まで行ってきたようです。スタッフが撮ったその映像をスクリーンで公開。名古屋と大阪では(東京とは)異なる映像を流すようですね。
砂川市、雪積もっとるやんけ。メンバーはそんな中でも例のKRGSジャージ姿でめっちゃ寒そう! ゲームを絡めてお菓子を食う権利を争奪するっていう、正直言って単なるアイドルの旅行記なわけですけど、これがめっぽう面白い。GIRLS個々のリアクションが良いことと、メンバー同士仲良いことが映像から伝わってくるからでしょうね。
ハイライトは、オッサン・マインドを全開にした遠藤三貴による「朝4時寝起きどっきり作戦」ですかね。みっちゃん、グッジョブでした。次のシングルの初回盤DVDとかで収録してほしいくらい。それともアレか、ライブという場で見るからこそ笑える映像なのか?

⑤は、元曲は仮面ライダーエグゼイドのポッピーピポパポのテーマ曲で、…ってコピペしてて何のこと言ってるのかさっっっぱり分かってはおりませんが(笑)、そのナンチャラのテーマ曲にGIRLSが歌詞とダンスを付けたものらしいですわ。VTRでも流され、転換後のステージでも実際パフォーマンスされましたけど、歌のおねいさん的な、つまりKRGSらしからぬキュートさを前面に押し出しているところが、なんだかおぉこれは普通のアイドルっぽいぞ!(笑)
⑥は⑤とは全く異なり、こっちはカッコイイ曲でした。さすがはチップス。…ってRIDER CHIPS聴いたことないけどw


そういえば。
よくアイドルのライブで、メンバーが順番に歌い繋いでゆく時に、ファンが直前に歌っているメンバーの名前をコールするっていうやつあるじゃないですか? ヴァース(=Aメロ)を歌ってる時に顕著なアレ。
これがKRGSの場合、少ないんですよね。というか、ほとんどない。なぜかっていうと、基本テンポが速い曲が多いし、パート・チェンジも忙しいから。そういうことを考えると、自然発生的にこの種のコールが行われるようになったMovin'onは、実に貴重なレパートリーなのかもしれないな、と思いましたね。この曲、KRGSにしては珍しく打ち込み主体で、速すぎず遅すぎずの適度なテンポだし、明るく爽やかなポップ・チューンだし。

ラストは2013年の年間ベストの楽曲部門でも選んだGirls Anthem ~with our BIG LUV~で締め。歌メロも演奏もわちゃわちゃしたステ-ジの様子も、全てサイコーだわ。やっぱ最後はこの曲じゃないとなぁ。


改めて大好きなグループだなぁ、と感じたワンマンでした。
隅々まで気を配る井坂仁美がいるからGIRLSはまとまるし、
遠藤三貴のユーモアの効いた当意即妙なやりとりと屈託のなさがグループに明るさをもたらしているし、
秋田知里の抜群の歌唱力のおかげでパフォーマンスがグッと安定するし、
鷲見友美ジェナの生真面目さとひたむきさが伝わってくる歌唱がライブならではの緊迫感を生んで、
黒田絢子のキレッキレ&Sexyなダンスでステージングがビシッと締まる。


振り返ってみれば今年4回もKRGSのワンマンを観ているわけですけど、今回が一番楽しかったかもしれないな、と感じました。選曲も「攻め」を感じさせるもので好みだったし、レア曲も聴くことができた。盛り沢山な他の余興的パートとのメリハリも効いていたし。
相変わらずライダー的/特撮的なパートでは、知識ゼロだから置いてきぼりにされてる感があるんだけど。

<セットリスト>
覚えてねぇ。
名古屋と大阪公演が終わったら、秋田知里のブログで発表されるでしょ。
そしたらいただきますして更新しよ。

2016/12/19追記
01.メドレー
 Let's Go RiderKick 2011~
 Mission Complete~
 missing piece~
 時の華~
 Overdrive Generation~
 Warning! Burning!~
 KAMEN RIDER GIRLS V3~
 Last Engage

02.Accelerate to the Eternal
03.Break the shell
04.Believe in my flush
05.Scarlet Savage

***** 砂川VTR① *****
06.砂川市PRソング「砂川スイートロード」

***** ラジレンジャーコーナー *****
07.進め!ゴレンジャー (遠藤&黒田)
08.侍戦隊シンケンジャー(井坂&秋田&鷲見)
09.ジュウオウダンス

10.咲いて
11.Next stage
12.Movin'on

***** 砂川VTR② *****

13.B.A.T.T.L.E. G.A.M.E (新曲)
14.Reckless World
15.Rush N' Crash
16.Just the Beginning
17.E-X-A (Exciting × Attitude)

ENCORE
18.Let's Try Together (新曲)
19.Girls Anthem ~with our BIG LUV~



帰りに来場者全員に、砂川のほんだ菓子司と仮面ライダーGIRLSがコラボったどら焼きがプレゼントされました。
これね、KRGSロゴの焼き印が押されているし品名が「仮面ライダーガールズどら焼き」になってるしで、なかなか芸が細かくって凄いんですわ。
krgs_20161211_sunagawa_dora.jpg

ま、餡子好きじゃないんだけどさ(笑)

ふつーのどら焼きと比べると、しっとりとしてだいぶ上品なお味でございました。
餡子食えないわけじゃないのだよ。


スポンサーサイト

COMMENT 0