鈴華ゆう子「CRADLE OF ETERNITY」

鈴華ゆう子_cradleofeternity
鈴華ゆう子「CRADLE OF ETERNITY」 (2016)

和楽器バンド華風月のVo、鈴華ゆう子のソロ、1stミニアルバム。

avexらしく色んな形態があってそれぞれ収録曲(数)が異なるわけですけど、私が買ったのは2枚組CDです。MV映像にあんまり興味ないですしー、1曲でも多く聴きたいしー、森口博子が歌った水の星へ愛をこめてのカヴァーが聴きたかったしー、1曲多い通常盤の「ボーナス・トラック」が収録曲のヴァージョン違いっぽいからパスしよっかなー、ということです。
抜群の歌唱力と表現力を備えた歌い手であるだけに、既存のバンド/ユニットとはまた違った景色を見せてくれそうで、大きな期待と共に聴いてみましたが。


あんまりピンとこねぇ…、、、(苦笑)

ソロのテーマは「アニソン(風)」ってことなんでしょうか。和楽器バンドの曲の和楽器部分を取っ払ってすっきりさせ、代わりにシンセ由来のキラキラした感じを取り入れた印象。パッと思い浮かぶ「アニソン」のイメージに忠実な音だと思います。

ゲーム「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」のオープニング・テーマで、本作のリード・トラックとなる①永世のクレイドルに参加している演奏陣が、BABYMETAL神バンドのLeda(Gt)と青山英樹(Dr)、それにCROSS VEIN他のShoyo(Ba)というメタリックな人選だったこともあり、HR/HMに寄せた作風に仕上がるんじゃないかと色めき立ったんですが、どうやら肩透かしだったようで。それぞれの持ち味は出ているとは思うけど(主にイントロと間奏に)、その人達じゃなきゃダメだったかというとまるでそんなことはなし。あんまりメタリックじゃないハードポップでした。ただ、意外性は無いけど出来は良い、という。MVは→コチラ。しょうよぅたぁぁああん!!
因みに彼ら、この以外には参加していません。⑦永世のクレイドル -PIANO SOLO-はタイトルそのまんま、ピアノによるのインストVer.。

だけでなくほとんどの曲に感じることなんですけど、ヴァース~ブリッジではクセのない抑え気味の歌唱で「おお、お、なかなかいいじゃん!」となっているところ、サビになると我慢できなくなったかのように和楽器バンド風の歌唱法になっちゃう(笑)。というかこの人、歌い上げるヴォーカルだとどうしても詩吟っぽい感じがちょい混じっちゃうんだね。良くも悪くも。
その点が個性ではあるし、彼女の武器ではあるんですけど、同時に本作の作風に合っていないように感じました。和楽器バンドだと(敢えて言うと)装飾過多でごちゃごちゃしているからVoばかり意識するわけではないし、華風月ではその歌唱スタイルこそが生命線だから良いんですけど、このソロのアニソン風の曲調だと飛び抜けた個性の有無より全体のまとまりが重視されるようなところもあるので、余計にクセが目立つというか、歌唱が曲に溶け込んでいないというか…。
そういえばバラード④雪時計華風月から尺八と箏を抜いた、そのまんまな感触ではありますな。

あんまり和楽器バンドと(それと華風月とも)差別化できていないような気がします。和楽器というある意味飛び道具的な要素を排除して楽曲そのものに着目すると、元々ボカロ曲カヴァーから出発したあちらにも本作収録曲と似たものはあるし。というか、そっくりだ。そもそも(本作の)半分の曲を書いているのは千本桜の産みの親である黒うさですしね。
これ、ソロをやる(音楽的な)意味があるのかしら?
実力も人気もある人だけに、「チャンネル」が増えた方がレーベルや関係者としてはお金になるんだろうけど。


ただ、そんな疑問を呈しつつも、彼女のヴォーカルは大好きなだけに、懐かしさと切なさを感じるバラード・タイプの⑥背中合わせや軽快な哀メロ曲⑤Remainsは作風に関係なく気に入っており、こういう曲が出てくるのならば「課外活動」も嬉しかったりするんだから現金なものである(笑)


ディスク2に収録の2曲は共にカヴァーになっており、①RE:I AMAimer(「エメ」って読むらしい)の、ニール・セダカが書いた②水の星へ愛をこめては先述の通り森口博子の曲です。前者が『機動戦士ガンダムUC』の、後者が『機動戦士Ζガンダム』の主題歌という、ガンダム繋がりでもある。
初めて聴いたは、シンフォニックな味付けが特徴の曲。アレンジのおかげか、静かに始まりながらも後半にかけてスケールが大きくなってグワッと盛り上がってきますね。とても良いです。は原曲よりしっとり&ゆったりとしたヴァージョンで、「そうそう!ゆう子さぁんのこういう歌唱が聴きたかったんだよ!」ってなりました。ちょー切ねぇ。この曲はやはりキラー。
あれ、カヴァー曲のディスク2の方がしっかりとソロらしさがある?(笑)

【お気に入り】
⑥背中合わせ この曲の歌唱は彼女のVoが最も光るタイプだと思う。
⑤Remains 最もアニソン・ライクなこれがソロでやる意味を一番感じるかな。


※カテゴリは<和楽器バンド、華風月>に登録しました。


スポンサーサイト

COMMENT 0