スティーヴン・キング『11/22/63』

スティーヴンキング_112263_1 スティーヴンキング_112263_2 スティーヴンキング_112263_3
スティーヴン・キング『11/22/63』 (白石朗 訳、文春文庫、上・中・下)

スティーヴン・キングの『11/22/63』を読みました。
一番好きな小説家であるだけに、本作で遂にこのミス1位を獲った時には嬉しかったものです。そして文庫化を楽しみに待っていました。
お馴染みの藤田新策氏によるアートワークがこれまた素晴らしいですね。ジャケを並べるだけで壮観。

11/22/63――1963年11月22日。ケネディ暗殺の日。過去へさかのぼり、暗殺を阻止してほしい。それが死期の迫る友人の頼みだった。彼の店の奥に隠された「穴」は、1958年に通じるタイムトンネルだというのだ……壮大な構想とみずみずしい語りで各ミステリーランキングを制した超大作。巨匠の新たなる代表作がここに誕生した!

1958年のアメリカ。携帯電話もなく、人々は素朴で、食べ物は美味な古き良き世界。ここで僕はケネディ暗殺の63年11月22日までの5年間をすごすため、田舎町で高校教師の仕事に就いた。生徒たちとの交流のかたわら、暗殺犯オズワルドを監視する日々。そんな中、僕は、恋に落ちた……。巨匠の超大作、幸福の光さす感動の中盤戦。

暗殺の日、11/22/63が迫る。しかし「時」は改変されることを拒み、暗殺の阻止をもくろむ僕に痛ましい悲劇をもたらした。世界を救うべきか、愛する人を救うべきか。僕はその問いに直面する……。世界一のストーリーテラーが紡いできた壮大な物語。私たちが目にするのは涙のラストシーン、大いなる物語の感動だ。


さすがキング!と快哉を叫びたくなる出来。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓


本作のあらすじを知った時に思い浮かんだのは、「JFKが生きてればより良い世の中になっていただろう」という感覚がイマイチしっくりこない、ということ。どうなんでしょう、アメリカに住んでたりその歴史をちゃんと勉強してると、そこら辺の感覚はすんなり理解できるのでしょうか?

荒唐無稽さや設定の大雑把さはキングの持ち味のようなものなので、「ケネディの暗殺を防ごうとするタイム・トラベル物」という枠組みを持っていても、決してパズル的/謎解き推理小説的な側面の強い小説にはなりません。そういう要素も含んではいるのですが、やっぱり圧倒的に“物語”ってイメージが先行するんですよねぇ。奇妙な環境に置かれた人物はどう考え、どう行動するのか。キングのどの作品でも描かれていることと、全く同じです。謎解きの緻密さよりも人間ドラマを。

ただ、大雑把とは言いつつも、タイム・スリップに使われるこの「兎の穴」の設定は秀逸ですね。物語の要と言ってもいい。この穴の特性と、本文中に何度も登場する「バラフライ効果」をキングなりに説明したくだり、そして「“時”は改変されることを拒む」をいう大前提が、この物語に切なさを生む。ものすごく切ないですよこれは。
JFK暗殺という大きなテーマを取り上げていながら、“個”の物語に落とし込む手法は天性のストーリーテラーっぷりが冴え渡っている部分ですし、実際、主人公=ぼく=ジェイク・エピング=ジョージ・アンバースンと周囲の人々との間で交わされるちょっとしたエピソードの数々がイチイチ胸に迫ります。全3巻(ハードカバーだと上下巻)の長い物語の間に少しずつ積み上げたそういうエピソードが、クライマックスの「もうどうにかしてこのやりきれなさ」レベルを高める上で、嫌んなるくらい効いていますし。

そうそう、「兎の穴」が繋がっている先っていうのは、1958年のメイン州(リスボンフォールズ)なんですよね。
1958年のデリー(の街)といえば、あの『IT』だ。その“過去の事件”のタイミングだ。キングは、他の作中人物を登場させたり固有名詞を散りばめたりして、多くの作品を横断するキング・ワールドともいうべき世界観を見せてくれますが、本作でもそう。
うぉー!!
主人公が『IT』の登場人物を交流するシーンは白眉ですね。ジ~~ンとクる。だって「そうだろうな。今年の夏はいくつかの秘密を守ってきたんだね」ですからね。こういう仕掛けが登場人物への愛おしさを募らせるんだ。


キング・ワールドに取り込まれるのが実に心地良いですね。ワクワク&ゾクゾクする。
素晴らしい作品だと思いますが、本作が御大のキャリアの中で飛び抜けて出来が良い作品かというとそんな風にも感じず、これだけ好意的に受け入れられたことは不思議だったりするんですが、まぁいいや。
ラストシーンの美しさは特筆すべきところですし。

ダンスは人生だ。


スポンサーサイト

COMMENT 0