APOCALYPTICA「APOCALYPTICA」


APOCALYPTICA「APOCALYPTICA」 (2005)

フィンランド産、チェロ・メタル・バンドの5thアルバム。ジャケのインパクト大。チェロ3本とドラムスの編成ですね。現ドラマーのMikko Sirenは本作の時点ではヘルプで、リリース後に正式加入です。始めはチェロでMETALLICAをカバーするということで話題になった彼らですが、前作から全曲オリジナル楽曲という構成になっています。チェリストのメンバーはフィンランド国内のシベリウス音楽院で学んでおり、中でも一番若いPerttu Kivilaaksoは国際的なチェロ・コンクールでフィンランド人として最高位の受賞者じゃなかったかしら?どっかで読んだような気がする…BURRN!か?因みに、シベリウス音楽院は元NIGHTWISHのTarja Turunenも学んだところでしたね。

基本的な音楽性はメタル曲からバラードまで幅広くインストゥルメンタルでプレイしているのですが、本作には2曲のヴォーカル曲が収録されています。チェロの音をまるでギター・サウンドのように歪ませたパワー・メタル曲①Life Burns!THE RASMUSのLauri Ylonenが、耽美バラード④BittersweetでLauriとHIMのVille Valoがヴォーカルを担当しています。前者はLauriが自身のバンドでは出さないようなアグレッシブなヴォーカルを披露するキラー・チューンです。チェロの音はもはやギターにしか聞こえず、チェロでプレイする意味が分からないとの声も挙がりそうですが、このテンポでひたすらチェロの弦を掻き毟る(?)様がカッコいいんじゃありませんか。後者はシングルカットされて母国フィンランドでチャート1位を獲得したようです。2人があざといまでに自分たちの個性を発揮したエロエロ・ヴォーカル・パートも良いのですが、ラスト付近で重苦しく殺伐とした雰囲気になるのが好きです。
ヴォーカル曲のみならずインスト曲も、チェロの音色を生かしたメロディラインの秀逸な曲が揃っており飽きさせません。特に⑦Farewellは珠玉の泣きメロディがチェロの美しい音色によって紡がれる静かな曲で、本作一のお気に入りです。

彼らの作品に初めて触れるなら本作か前作「REFLECTIONS」が良いかな、と思います。音だけ聴いても楽しめますが、演奏シーンを観てナンボかなとも思いますが。LOUD PARK、超カッコ良かったです♡

【お気に入り】
⑦Farewell
①Life Burns! → 音だけだけど
PVが凄くかっこいいんですが見つからず。興味ある方はオフィシャルHPで見てください。
②Quutamo
⑤Misconstruction
④Bittersweet
スポンサーサイト



COMMENT 0