Mary's Blood「FATE」


Mary's Blood「FATE」 (2016)

4人組ガールズ・メタル・バンド、Mary's Bloodの3rdフルアルバム。
メジャーに行ってからのメアリーは、レーベル移籍こそあれ毎年コンスタントにアルバムをリリース、そしてツアーも精力的にこなすという活動ペースを維持しています。制作面の要であろうGtのSAKIにおいては、メアリー以外の“課外活動”でも忙しくしていますしね。
個人的な音源“消化”ペースを考えると、好きなバンドであれフルアルバムを隅々まで味わうには1年に1枚のリリースはトゥーマッチという、全くもって贅沢な感想になっちゃうわけですけど、出来が良ければそれに越したことはないわけでして。

そして今回も素晴らしい出来栄え。
「Countdown to Evolution」「Bloody Palace」→本作と、自分達らしさを全く失わないでこの安定感を維持しているのは驚異的ですね。ただ同時に、メアリーだったらこれくらいは作ってくるだろうという、既にハードルが高まった状態にあったりもします。それは信頼感と言い換えてもいいもの。

最初聴いた時は「翳りがある作風か?」と感じましたが、数回聴いたらこれはバランスに長けた作品だという認識になりました。激烈かつメロディックという美点を伸ばしつつ、異質に感じるほど明るくポップな⑥HANABIからメアリーにしては珍しい感触の情念系バラード⑧In the Rainまで、極端に振り切った楽曲群をすんなり自分達のカラーに染めてまとめ上げる。そのが折り返しポイントになって、A面B面的な感覚にさせる構成も見事。
さらには、③Angel's Ladderの作曲にBABYMETALKARATEを手掛けたゆよゆっぺが参加、ゲストGtに聖飢魔ⅡCANTAのルーク篁とSHOW-YAのsun-goを迎え、外部の血によって話題性と新鮮味を手に入れているってゆーんだから、さすがです。

個人的には、WingsPromised Landという2大名曲を備え、驚異的なステップアップを実現した“化けメアリー”アルバム「Countdown to Evolution」の衝撃があまりにも強かったのでそれには及びませんが、アルバム後半で(叙情面が)失速した前作よりは好きですね。まぁ、それぞれ僅差ではあるんですが。

EYE(Vo)の歌詞は成長したかな(上から目線スマンですが)。
今までのメアリーって、曲を聴いていてライブをやってるステージの様子はすぐに思い浮かぶんですが、具体的な歌詞のイメ-ジや曲中の主人公の姿が全く浮かんでこなかったんですよね。特徴的なメロディ使いゆえにモチーフがはっきりしているVoyage「AZURE」収録)のような例外はあれど。
その点が改善されているかな。ちょっと言葉のチョイスと並べ方に厨二病的なところや幼稚さも感じるけど、たった数語がその曲のイメージを決定づけることも多いわけで、激しさを前面に押し出した①Counter Strikeなら「屈辱」「弔い」「悪魔の宴」のような言葉を、のような曲には「あなたの助手席」「線香花火」といった具合に、適材適所っぷりと具体性が増した。おかげで曲によっては物語性を感じるようになってきたかな、と。その言葉選びがEYEの持つ凛々しさとマッチしてるし(それだけには異質なんだが)。
個人的にはSAKIの書く歌詞を読んでみたいですけどね。

Gtプレイに関して言えば、弾きまくってるのはいいんだけどもうちょっと構築美のあるフレーズが欲しいな、と思う場面はありますね(激しめの曲に顕著)。SAKIは、キメのテーマ・メロ等では丁寧に弾くことも出来る人なので余計に。因みにバッキングはとてもスリリングで◎。


こいつはキラーァア!と言えるほど飛び抜けた楽曲の存在は無いものの(ここらへんの感覚は個人の嗜好に左右されるところ大、ですが)、メンバー4人の個性がちょうど良い塩梅で混じり合うことで、総じて収録曲の平均点はかなり高く仕上がっているんじゃないかと感じます。聴後感もとても良いですし。
このアルバムのバランスの良さをどう評価するかは、聴き手がこのバンドに何を求めているかで変わってきそうですね。メアリーに「ジャパメタ」を求めて押しの強さに拘る人は微妙な評価かもしれません。メロディの質感は拡散/拡大していますから。
あと、ブックレットがそっけない作りなのが残念ポイントかな。

【お気に入り】
⑪Queen of the Night
バンドの力強さとEYEによるしなやかなメロディが合わさった佳曲。ピアノ!ピアノ!
⑨Change the Fate
出た!PLに続くMARI(Dr)作曲のエックス・ジャパニック・チューン!
④Nautical Star
RIO(Ba)によるV系っぽい曲。本作の歌詞の中でも特に象徴的なモチーフであろう「ポラリス」。曲のイメージにぴったりと合致したこの言葉を選んだセンスが決め手か。
⑤Chateau de Sable
憧れのルーク参謀を掛け合いGtの相方に迎えて、嬉しさ爆発なSAKIのプレイが微笑ましい(笑)。メロディ回しもSong for Youの続編のような感じで良いね。
③Angel's Ladder
リフが始まった途端、「セイヤ!セ、セ、セ、セイヤ!」って言いたくなるけど(笑)、サビで一気に視界が開けメロディが舞い上がる様は◎。
⑩Endless Tragedy


スポンサーサイト

COMMENT 0