摩天楼オペラ「PHOENIX RISING」

摩天楼オペラ_phoenixrising
摩天楼オペラ「PHOENIX RISING」 (2016)

国産ヴィジュアル系HR/HMバンドによる、ミニアルバム。
Anzi(Gt)脱退後の新体制(後任メンバーを加入させることなく活動続行)による第一弾作品です。

Anziに代わって本作でギターを弾いてるのは、Leda(Far East Dizain他)。因みに、現行オペラのライブでサポートGtを弾いてるのは、なんとLIGHT BRINGERのJaY(!!)でして、先日の『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016』出演の際には、「あのJaY君が幕張のステージに立つとはなぁ…」等と感慨深くなりました。あ、私は観に行ってないですけど。

リリース・ペースが想像以上の早さでしたね。思い返してみれば前アルバム「地球」だって今年の作品ですし、それに伴うツアーの後、ファイナルである六本木公演を収めたライブ映像作品も出してますし。
しっかし、見れば見るほど凄いジャケだなぁ(笑)
苑(Vo)と悠(Dr)のドヤ顔ww

イントロSE的な役割を果たすインスト①The RISINGを含めて全6曲。ラストにバラード(⑥何十年先も今日みたいに)を収録しているものの、全体的にはエネルギーに満ち溢れた、力強くポジティヴな作風ですね。バンドが前に進まんとする意欲を、活動ペースからだけでなく曲調からも強烈に感じる。

中でも、苑が作詞作曲した②PHOENIXは、その最たる曲。
「ああ 叫びだしそうな夜を 終わらせてくれたのはいつものように 僕が愛した 僕らが愛してきたもの こんな音だった」と始まり、「羽ばたけ この歌を乗せ 伝えられる今があるから」と続くのだ。このタイミングでこんな歌詞の曲を出してくるなんて。
そしてサビでは、「僕らは未来から愛されている」
なんだこの自己肯定感は。
なんだこの眩しいまでに力強いステートメントは。
何より、そのメッセージの自信マンマンっぷりに全く負けていないメロディの強烈さは何事でしょうかッ!? 狂おしいまでのラストの大サビには涙出たわ。理想的な、オペラ流・シンフォニック・メロパワ・キラーチューンです。

と共に、前述のバラードも苑の曲です。「地球」の後半に収録されていてもおかしくないような穏やかで優しいメロディの曲で、実にオペラらしい。私の望む“オペラらしさ”を体現してるのって、たいていは彼の書いた曲だったりするんですけどね。
残りのクレジットは、彩雨(Key)作がを含む3曲、燿(Ba)作が1曲。作詞は全て、苑。
彩雨曲では⑤MASKがとても良いですね。あのBURNING SOULを想起させるような、Voのギリギリ・パフォーマンスが◎。


Anziはオペラの中でも最もHR/HM寄りの人だったと思ってますけど、バンドのメイン・ソングライターは苑であり彩雨であるので、大きく路線変更するようなこともなく。ギター弾いてるのは、(Anzi)よりメタリックなLedaですしね。
込められたメッセージともども、ファンにとっては嬉しいリリースであり作品でしょう。
強力作!

【お気に入り】
②PHOENIX
⑤MASK
⑥何十年先も今日みたいに


スポンサーサイト

COMMENT 2

かつ丼  2016, 11. 09 [Wed] 21:10

Anzi脱退云々の前にリリースされそうな作品だと感じました。
地球で足りない部分の補完に近い印象を持ったので
インタビューを読んでないからわかりませんけど(苦笑)
曲で言うなら①以外は特に②,⑤が
早く後任のギター決まると最高です!

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2016, 11. 13 [Sun] 03:45

かつ丼さん、

返信遅くなり申し訳ありません。

「地球」はアレはアレで(彼らの作品にしては)統一したムードを感じる作品ですけど、ややおとなしめでしたし、その点で前向きなエネルギーを感じる本作にファンはまずは安心するんじゃないでしょうか。

長い活動を経てのAnzi脱退ですから、後任選びは慎重になるかもしれませんね。

Edit | Reply |