月村了衛『神子上典膳』

月村了衛_神子上典膳
月村了衛『神子上典膳』 (講談社文庫)

月村了衛の時代小説、『神子上典膳』を読みました。
機龍警察シリーズの3作目がなかなか文庫化しないから、同じ作者のノン・シリーズでも読んでみようかと。

下野国で、重臣による謀反の難から逃れた領主の娘・澪姫と小姓が追手に囲まれた時、黒い長羽織姿で長身痩躯の男が二人を助ける。男の名は神子上典膳、剣聖・伊藤一刀斎より印可を受けた一刀流の達人。逃避行を続ける典膳らに絶体絶命の危機が迫る!剣戟あり、謎ありの娯楽時代小説。(『一刀流無想剣 斬』改題)

みんな大好き(?)剣豪モノですぞ。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓



冒頭からずっと古き良きヒーロー物の展開というか、勧善懲悪の物語が展開されてゆきます。
で、読んでいる最中に違和感を感じることに気づくんですね。この違和感については後々、(すっきりとではないですが)解消されるんですね。違和感の正体が何かを言ってしまうと完全にネタバレになってしまうので控えますけど。

ミステリとしての面白みも盛り込んできたのは意外でしたが、題材や舞台を戦国時代に設定し形態を時代小説にとったというだけで、やっていることは機龍警察シリーズと同じなのかもしれません。エンタメ。娯楽小説。
ただ、ちと軽いですね。ヴォリュームのせいもありますけど。込められている登場人物の想いは全然「軽く」ないんだけど、どこかあっさりしている。そこが少々不満です。私が、「昔はワルだった奴の再生(更生)」物語を好きではないからかもしれません。

他のノン・シリーズ、そして勿論、機龍警察シリーズの続編文庫化に期待します。


スポンサーサイト

COMMENT 0