lynch.「AVANTGARDE」


lynch.「AVANTGARDE」 (2016)

ヴィジュアル系ラウドロック・バンドのメジャー5枚目のフルアルバム。
なんだか見慣れない字面のアルバム・タイトルだなと思ってたんですが、「アヴァンギャルド」と言われれば即座になるほどそうかと腑に落ちました。大文字英単語がずらりと並ぶ曲名は統一感があって潔いですね。覚えづらそうだけど。

メジャー・デビュー以降は毎年コンスタントに作品をリリースしているという(2013年はフルアルバムじゃなくてEPだけれど)、超仕事熱心&活動的なバンドであるlynch.。バンドが弛みなく動き続けてるってのは、ファンにとっては嬉しい反面、音源にツアーにグッズに映像作品に…と、休みなく追い続けなくちゃならんから大変ですね。
と、他人事のように言ってしまいますが、そこまで熱心に追いかけてるわけじゃない私でさえ他人事じゃない。リリース物はそれなりに買ってますし、やはり音を“消化”するための時間ってある程度は必要だしね。

で、あっという間に出た新譜は、これまた、前々作「GALLOWS」(2014)とも、前作「D.A.R.K. -In the name of evil-」(2015)とも違った作風に仕上がってますね。これぞリンチな金字塔を打ち建てた感のある前々作から、葉月(Vo)がよく「歌い」、暗くて耽美、大人しめの作風だった前作ときたところで、揺り戻しでしょうか、ここで一気に激しい方向に舵を切ってきました。

実際にはメロディアスに駆け抜けるlynch.王道の曲やバラードも備えており、バランスに長けているとの見方もできそうですが、全体の印象としては、歌唱は苛烈、演奏は冷徹でマシーナリー、感情は内へではなく外へ、といった感じが強いです。リズムが強化されてるのか、はたまたそういう音作りに仕上げてあるからか、メタルコアちっくなゴリゴリさとジャストなタイミングで打ち下ろされるリフが目立ちます。バンド演奏以外の部分の作り込みも複雑で込み入ってる。
また、葉月がDIR EN GREYの京(Vo)を思わせる、様々な声によるシャウトを多用していることも特徴でしょうか。ウギャーッ!!ってやつとか、⑤DAMNED⑧KILLING CULTでのわざと演出した下品さとか。

私の感性に響いてくるのは、滑らかに疾る王道路線の④F.A.K.E.⑥UNELMA(GtソロらしいGtソロが珍しい!)、折り重なるメロディに悠介(Gt)印な⑦PHANTOMあたりのメロディですね。

あんまりハマらなかったなぁ。
前作と前々作の方が、私の好むメロディックな要素が歌唱&演奏共にありました。“歌う葉月”が好き、っていうのもあるかもしれません。

【お気に入り】
⑥UNELMA
④F.A.K.E.
⑦PHANTOM
⑨PRAYER


スポンサーサイト

COMMENT 0